中条駅のQ&A

  • 締切済

    質問特急料金の払い戻しについて

    • 2007/3/13
    • tocosya_view

    京都駅から秋田駅に移動する際の出来事です。
    一昨日から昨日にかけての日本海側の暴風雪により、私の乗った「日本海1号」は途中の羽越線中条駅で朝7時過ぎに運転打ち切りとなりました。
    そこで、車掌の指示で上り普通電車で新潟駅に戻り、上越新幹線→大宮乗換→秋田新幹線へと乗り継いで帰りましたが、秋田新幹線も大幅に遅れ、結局、秋田駅着は当初の「日本海1号」では5:28のところ、迂回した「こまち13号」の到着予定時刻は14:00でしたが、実際は18:25着でした。
    2時間以上の遅れがあったため、新幹線特急料金は払い戻しとのことでしたが、私の場合は、便宜乗車とのことですでに便宜を図っているため、日本海号の特急料金は払戻の対象外であるといわれました。
    しかし、本来の到着時間より13時間も遅くなった上に、日本海号は運転打ち切りとなってしまったため、新幹線を利用し、その新幹線も大きく遅れたのですから、特急料金の払戻の対象と成り得ると感じるのですが。(乗車券と寝台料金は戻らないと理解しております)
    大判時刻表の「JR線営業案内」の「列車の遅れ」の項にも、「運転を取りやめた列車の特急・急行料金は全額払戻となります」とあるのですが…やはり「便宜乗車」ということで、対象外なのでしょうか?
    たかだか3,150円ですが、釈然としません。
    ご存じの方おりましたら、なにとぞご教示ください。

    続きを読む

  • 回答

    • 2007/3/13
    • PAP

    この場合、他経路乗車船(旅客営業規則第285条)に該当すると思われます。

    この場合、
    すでにお買いになった切符類の合計額より、
    迂回された新幹線経由で切符類を買った場合の合計額の方が安い場合は
    差額分の払戻を受けられ、
    高い場合は払う必要はありません。
    そのかわり、遅れによる払戻はありません。

    選択肢として、
    (1)旅行を中止して、特急料金と不乗区間の運賃の払い戻しを受け、新たに新幹線経由の秋田までの乗車券・特急券を購入する。
    (2)指示されたように新幹線を経由して秋田まで旅行する(払戻はありません)。
    (3)今回は該当しませんが、発駅まで引き返して全額返金してもらう。
    といった3つがあります。

    従って、今回のケースは(2)に該当しますので、払戻がないわけです。
    これは想像ですが、他経路乗車船をする場合、多くのケースで本来取り得る路線より時間がかかりますので、遅れに対する払戻の規程がないものと思われます。
    このような規則が旅客サービス上どうなんだと言ったことはさておきまして、規則ではこうなっています。

    なお、在来線の遅延によって並行する新幹線へ振り替える場合につきましては、遅れの取り戻しが見込める新幹線に乗ってもなお、在来線特急の到着予定時刻から2時間以上遅れた場合は、在来線の特急料金が払戻となります。
    今回の新潟~秋田において、羽越線と東北・秋田新幹線は並行しているわけではありませんので、他経路乗車となるのです。
    新潟~秋田ではいなほ号で普通に行ける時間より、新幹線利用の方が2時間も余分にかかる事からもおわかりいただけると思います。

    営業案内に掲載されている案内にある払戻が原則ですが、今回のように他の路線で目的地にたどり着くのに、その方法を取るには差額を支払わねばならなくなる(本来持っていた切符の合計より高くなる)といった旅客不利益に対する回避策として他経路乗車船の選択ができるとも言えるでしょう。

    続きを読む