• 締切済

    質問東京から日帰りできる寂しい(侘しい?)お奨めの駅

    • 2012/8/28
    • noname#182455

    おくればせながら鉄道漫画の『鉄子の旅』を読みました。
    これまで鉄道とか駅とか全然興味なかったのですが、ちょっといいかも・・・。と思うようになりました。
    そこで「鉄」のみなさまに質問です。

    東京から日帰りできる寂しい(侘しい?)お奨めの駅を教えてもらえませんか?
    人の住んでる気配の全くない静かな駅でひとりゆったり過ごすのもいいかなと。

    私は時刻表はもってないし(持ってても読めないし)、調べる方法もわからないので、
    スケジュールプランもあったらなおうれしいです。
    贅沢なお願いですいません。お奨め駅だけでも良いので教えてください!!

    続きを読む

  • 回答

    • 2012/8/28
    • qbtkgda

    根性で日帰りですが、上越線の土合駅・土樽駅(民家や町はございません)
    上野駅から、多分高崎で乗り換え・そして水上駅で乗り換え、長岡行きに乗ります。
    その先は、有名な川端康成の雪国で有名な、越後湯沢です。また湯沢から、ほくほく線もなかなか良いですよ。

    続きを読む

  • 締切済

    質問川端康成先生の舞台となった駅

    • 2010/7/13
    • Lmina

    川端康成先生の舞台となった駅

    「雪国」の冒頭文にある「国境の長いトンネルを・・・」とある谷川岳の下を潜る地下駅の土合ですがご利用客は多いのでしょうか?

    私は趣味の登山やハイキングで谷川方面には数年前まで行っていました。
    マイカーで行くことが多いのですが一度だけ列車で行きあの長い階段を上ったことあるのですが、あの駅は不気味ですよね?
    待合室が変に臭いのはなぜでしょうか?

    また文学者の先生は当時は件のトンネルでないほうの線路を現在とは逆行ながら乗ったのでしょうか?
    新潟県側の土樽駅も高速道路に接近した寂しい駅ですよね?

    そちらからの登山のほうがゆるくて楽なので新潟側からというケースが多いです。

    続きを読む

  • 回答

    • 2010/7/14
    • travelKENKEN
    • ベストアンサー

    川端康成の「雪国」がかかれた時代は、新清水トンネルの開通前ですので、土合駅は今の土合駅とは異なり、上下線とも地上にある駅でした。ただ、小説の冒頭に出てくる駅は「国境の長いトンネルを抜けると」とあるように新潟県側の駅で、当時の土樽信号場を描いていると言われています。

    ちなみに「雪国」が発表されたのは1935年、土樽信号場が駅に昇格したのは1941年、新清水トンネルが開通し、上越線が複線化されたのは1967年でした。

    続きを読む

  • 締切済

    質問秘境駅

    • 2010/5/10
    • taka-fujita

    秘境駅
    みなさんが印象に残っている秘境駅を教えてください。
    (できれば東京から日帰りで行ける範囲で・・・)

  • 回答

    • 2010/5/10
    • qbtkgda

    上越線の土樽駅(新潟県湯沢町)は凄いです。駅のほかは森ばかり、ただ、高速の陸橋がちょっと残念ですが、
    また、隣の駅の土合駅(群馬県みなかみ町)も凄いです。ただ、人が多いです。
    上越新幹線湯沢駅で乗り換えれば、東京から2時間程度では、

    続きを読む