• 締切済

    質問都営浅草線のバイパス線に東急や東武やつくばエクスプレスは相互乗り入れできますか?

    • 2009/4/13
    • a_0l23

    質問内容
    ・都営浅草線のバイパス線に東急や東武やつくばエクスプレスは相互乗り入れできますか?
    ・もしくは、つくばエクスプレスに、京成スカイライナーを相互乗り入れさせることは可能ですか?
    ・また、これは採算が取れる可能性はありますか?

    詳細
    都営浅草線のバイパス線の計画が、ありますが、標準軌と狭軌で線路幅が違うのはわかりますが、バイパス線を1,067mm軌間と1,435mm軌間の三線軌条にして、東急大井町線、つくばエクスプレス、東武伊勢崎線と相互乗り入れ開始をしたりできませんか?
    押上で京成、浅草で東武、その後つくばエクスプレスに合流し(場合によっては複々線化をする)、秋葉原経由で、東京を通り、品川で京急と、その地下鉄をさらに大井町へというのを個人的に考えていますが、技術的には可能なのでしょうか?
    もし、これができると、田園都市線の大幅な混雑緩和や、つくばエクスプレスの東京延伸、半蔵門線のバイパス、京急や京成や東武の都心への大幅なアクセス向上、スカイライナーの羽田~成田間の高速運転、外国人の秋葉やつくばや日光への移動の効率化、横浜成田間のアクセスの向上など、相当大きなメリットがあると思います。
    また、つくばエクスプレスの延伸やこのバイパス線はもうすでに検討段階に入っているので、予算がとりやすいと思います。

    続きを読む

  • 回答

    • 2009/4/14
    • koge-magu

    こんにちは、no.3です。

    >しかし、標準軌の電車を優等列車にし、主要な駅には標準軌専用ホームを設け、対応するとか出来ませんか?
    それは可能です。
    ただし、設置できる箇所ならばですが・・・・。
    (例:箱根登山鉄道の箱根板橋駅。 但し、現在小田急車両だけの運行になり不要な構造物に)

    また、三線軌条の分岐器での通過速度は、速度も落とせば大丈夫でしょう。

    しかし、

    その工事は誰が予算をだし、
    誰が建設し、
    誰が乗るのか?

    構造の異なる車両が走るという事は、双方の保安装置を積まなければなりません。また、車両構造の共通化も必要です。
    名称が同じような保安装置、目的は同じなれど各社の路線特性から機能は異なり共通なのは「電車を追突させないという目的」のみです。

    乗り入れる各線分の保安装置を何処に積むのか?
    例えば、関西の阪神なんば線開通にあたり、乗り入れの近鉄車は阪神の保安装置が収まりきれず客室に搭載していました。
    また、同様な機能なモノを複数搭載するという事は、その分費用もかかります。
    乗り入れ対応させる為に客室が潰されて機器室になってしまう。
    必要のある乗り入れならば致し方ありませんが、質問者様の思われている構想は本当に必要なのでしょうか?

    費用が掛かり過ぎて全部の車両を改造するのは不可能。また車両の構造も複雑になり、その分車両の費用も高額になり、故障のリスクもある訳です。
    乗り入れ路線が出来るというのは、便利になる反面乗り入れ先でトラブルが起きれば、遠く離れた関係ないエリアの電車に遅れが出るわけです。
    つくばでの遅れが、三浦半島や神奈川県の中部での電車に影響する状況、利用客は納得できないと経験上思います。
    定時性が低くなる要因になる訳です。

    空港アクセスを考える上で、その「定時性が低い」というのは営業戦略上どうなのでしょうか?
    定時性が低ければターミナルビルへ直接乗り付けられるリムジンバスを使うでしょうし、鉄道を使う最も大きな理由は定時性だと思うのです。
    一番のウリをわざわざ妨げるような事をする意味が理解出来ないのです。

    また、そんな自己否定な構想の建設費用、
    どの会社も負担できるような金額じゃありません。

    一体、そのお金が誰が用意するのか、
    その分、利用者の運賃を多く取れば良いというのが、質問者様のご意見なのでしょうか?

    わざわざ新路線を途方も無い金額用意して建設するくらいならば、接続を良くする(同じホーム上で乗換え出来るようにする)といった工夫をした方が遥かに現実的です。

    no.2さんと同じく、
    あまりにも非現実的で、線路を繋げれば良い、その費用に大した効果が見えない内容に思います。

    続きを読む

  • 締切済

    質問箱根登山鉄道の小田急乗り入れ線路のこと

    • 2006/4/29
    • bossamba

    3本のレールを利用すると、登山線と小田急線車両で当然中心線がずれてしまうのですが、駅では不便を感じないのでしょうか?あまり注意してみていなかったので…

  • 回答

    • 2006/4/29
    • koge-magu
    • ベストアンサー

    3線軌条で車両の中心線がずれるので、
    駅によっては電車とホームとの間に隙間が空いていました。
    質問者様の仰る様に、不便だったのです。

    その為、箱根板橋駅下りホームの様に、「小田急車両用ホーム」、「登山電車用ホーム」と分けたりしていました。

    今回ダイヤ改正で登山電車が小田原まで来なくなりましたが、その理由の一つが、

    この車両中心線のズレによる、ホームと電車との隙間解消です。

    ダイヤ改正で箱根湯本~小田原間は小田急車両のみの運行になりました。入生田に車庫が有り、登山電車の回送車が走るため入生田までは3線軌条のままですが、入生田~小田原は1067mm軌間のみになります。
    これによって、ホームと電車とのズレを解消し、乗降時の危険を減らします。

    続きを読む