• 締切済

    質問下北沢から等々力渓谷

    • 2007/12/31
    • honu117

    下北沢から等々力渓谷まで自転車で行くには、時間はどれくらいかかりますか?分かる方が居たら教えて下さい。お薦めの道もありましたら、
    教えて下さい。
    また、下北沢から自転車で行けるお薦めの場所があったら
    教えて下さい。自然がある所や、風情をお感じられるところがあると嬉しいです。

  • 回答

    • 2007/12/31
    • saro153901

    今晩は。No.2の回答のsaro153901です。それでは調子に乗って第2弾を。正月なので、初詣などに行ける神社仏閣などを。(1)大宮八幡宮=
    http://www.ohmiya-hachimangu.or.jp/環七外回りを方南町まで行って、右折すると10分以内でここに出ます。杉並の人は結構ここに初詣に行きます。また第4土曜日とその翌日にはこの参道で、古民具・骨董市が開かれています。近くに和田掘公園と釣堀、杉並区立郷土博物館もあります。(2)妙法寺(杉並)=http://www.syougai.metro.tokyo.jp/image/tbunka96 … (1)を曲がらず、環七をもう少し真直ぐに進んだ左側(外回り)にありますが、すぐにわかると思います。厄除けで有名です。(3)松蔭神社http://www.shoinjinja.org/、豪徳寺http://bird.zero.ad.jp/~zam77093/goutokuji.htm、世田谷八幡http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/syoukai/12_setag …豪徳寺は招き猫でも有名です。下北沢からですと、淡島通りを環七方面に進み、環七の上を越して、T字路を左折。道なりに行き、世田谷線の松蔭神社駅まで行く手前を右折するとすぐ松蔭神社があります。その先城山通りを経堂方面に行くと右側が豪徳寺、その先の世田谷線の宮の坂駅の踏み切りの先に、世田谷八幡があります。また宮の坂駅には、昔世田谷線が玉電と呼ばれていた時に走っていて、その後江ノ電に行ったのが戻ってきた80型が1両保存されています。(4)井の頭公園=http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/inokas …ここには弁財天があります。近くには井の頭動物園やジブリ博物館もありますが、確か後者は事前に券を買う必要があります。なお井の頭公園のボートにカップルで乗ると分かれるとの伝説があります。
    行きかたのお勧めとしては、甲州街道の下高井戸駅の信号(永福町へ右折する信号)を八王子に向かって右に渡り、50mほど行き狭い道を右に入ると、そこからずっと川(暗渠です)に沿ってクルマが通らない道があります。
    真っ直ぐ進み、環八を超えて、ひたすら真っ直ぐで久我山を過ぎると、武蔵野の面影が漂う良い感じの風景になり、川が見えてきますが、そのまま進むと井の頭公園に着きます。帰りは神田川のほうの道を使うと、先ほどの永福町へ向かう道に出ます。そのまま神田川を進んでも、環七に出ますが、蛇行しているので、下北沢から離れてしまいます。また(4)は片道1時間ではきつと思います。
    (5)目黒不動尊=目黒川(淡島辺りを通っているこの付近は暗渠です。確か大橋辺りから川が見えます。)沿いの道を下って行くと、そちら方面に行けます。開基は、大同3年(808)と言われているとのことです。http://park6.wakwak.com/~megurofudou/,http://www …戻る途中にでも、三宿を通ると、世田谷公園があり、そこにはライブスチームと言って、石炭をも燃やして走る模型機関車があり、乗ることが出来ます。http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004239. …
    とりあえず以上です。

    続きを読む

  • 締切済

    質問東急世田谷線について

    • 2003/2/27
    • y-925

    東急世田谷線で、今現在営業走行しているのは300系
    (サザエさん)列車以外にもあるのでしょうか?

  • 回答

    • 2003/2/28
    • Saera
    • ベストアンサー

    世田谷線は数年前にバリアフリー化としてホーム・列車内の段差をなくすために新型車両を導入し、ホーム全体のかさ上げを行いました。このために旧型車両は運行できないんですよ。
    今でも宮の坂駅には旧型車両が置いてあります(もちろん、動きませんが)

    鉄道ファンの方には寂しいのでしょうが、通勤で毎日使っている者としては、冷房が入ってくれて非常に快適になりました。

    続きを読む