国立競技場駅のQ&A

  • 締切済

    質問国立代々木競技場

    • 2017/2/13
    • dape

    国立代々木競技場初めて行きます
    国立代々木競技場近くですぐ羽田空港にいける
    安いホテルはありますか?

  • 回答

    • 2017/2/14
    • OnneName

    >大江戸線で大門(浜松町)から国立競技場まで1本です
    嘘です。
    大江戸線の国立競技場駅は今は無き国立霞ヶ丘競技場の最寄り駅。
    代々木競技場の最寄り駅はJR山手線原宿駅です。

    >国立代々木競技場近くですぐ羽田空港にいける
    >安いホテルはありますか?
    有りません。

    安いというのが幾らくらいを想定しているのかですね。

    続きを読む

  • 締切済

    質問センセーブ運河ボートからタマサート大学まで

    • 2014/10/25
    • whitemoon927

    センセーブ運河ボートからタマサート大学近くのター・プラジャン船着場?までボートで行けますか? それともバスか他の乗り物で行くしかありませんか? siam@siam hotel付近からタマサート大学まで行こうと思いますが、以前行ったことある方はぜひ教えて下さい。

  • 回答

    • 2014/10/26
    • fumkum

    こんにちは
    センセーブ運河ボートの西行きは、ワット・サケットのすぐそば(北側)の、パンファー橋までしか運行していません。質問者の方の次の質問を見ると、タマサート大学へ行かれることが目的のようですので、パンファー橋からはまだまだ距離があり、バス・タクシーなどに乗り換え無ければならないことになります。
    他の地域(サイアム@サイアムの東側)であれば、BTSのシーロム線のサパイ・タクシン駅に隣接する船着場から、チャオプラヤ・エクスプレスでワンラン船着場(王宮脇のター・チャーン船着場の次)まで行き、そこで渡し船に乗り換えて、ター・プラジャン船着場に行けます。渋滞はないのですが、サイアム@サイアムからサパイ・タクシン駅は逆方向になるので、一応、紹介するということで。なお、サパイ・タクシン船着場(正式には料金表にサトーン船着場と書いてあります)は2つありますが、川に向かって右側が観光用、左側が日常用です。料金が4倍程の違いがありますし、観光用はスルーする船着場があります。日常用も、タイプ(鉄道で言えば特急・各駅などの違い)によって立寄る船着場に違いがあります。立寄る船着場を書いた看板(英語・タイ語表記)がありますので、確認し、タイプを三角旗の色で示しているので、それと同じ三角旗を掲げている船に乗ります。料金はガイドが徴収しますので、行き先を告げて祓います。ター・チャーンまで25Bだったように思います。
    さて、バスですが、ホテルを出て、道を横切って反対側に出て、BTSのサナーム・ギラー・ヘンチャート(国立競技場)駅の西端下あたり(国立競技場の門近く)にあるバス停に行きます。私が乗ったことがあるのは15番バスです。このバスはエアコンなしの赤バスだけで、シーロムからラチャダムリ―サイアム・パラゴン前ーマーブンコーン・国立競技場前を通ってしばらく直進し、国鉄線(跨線橋)を横切ったところで左折し、その後ヤワラーの北側を西進、さらに北上し、パンファー橋の一本北側のナコンサワン通で西進し、民主記念塔を通り、王宮前広場(サナームルアン)の南を回って、王宮前広場の西側を北進します。王宮前広場の西には、道路を隔てて南から、ワット・マハラート(寺院は見えない)、タマサート大学、国立博物館、ナショナル・シアターとなっています。バス停はワット・マハラートと国立博物館前にあったと思います。ただ、欠点は一方通行などの理由で回り道するので時間がかかることと、渋滞に巻き込まれる可能性があることです。
    今一点は、バスの案内書などに帰りのバスの一部は、ワット・マハラートと国立博物館前バス停の反対側()王宮前広場西側)を通るように書いてあるものがありますが、実際はほぼ通らないと思った方が良いです。15番バスで帰るには、降りたバス停と同じバス停から乗車し、そのままカオサンに出ます。その後バスは王宮前広場の北東端をかすめるようにして民主記念塔を通って、ナコンサワン通の途中で南下し、バムルン・ルアン通りを東に進みます。サイアム@サイアム近くの、ロータス前か、BTSの国立競技場駅の下で降りることができます。
    料金は、2度徴収されることがありますが、一回10B弱です。
    次に、乗った経験はないのですが、508番バスがあります。手元の資料では、エアコンなしの赤バスだけではなく、エアコンのある黄バスもあるようです。15番と同じバス停から乗れます。そこから国鉄線を横切って左折、ヤワラーを15番より南側の通りを通って一部短い北上があっても基本的には西進し、ワット・ポーと王宮の間の道を通り、T字路にぶつかった場所を右折し、王宮の西に沿ったマハラート通りを北上、再度のT字路がタマサート大学です。バスはT字路を右折し、少し走ってT字路(横一が王宮前広場西辺)。T字路を右折し、王宮前広場に沿って広場の南端を通って東進、その後、15番バスも走るバムルン・ルアン通りに出ます。その後は15番バスと同じです。508番バスには乗ったことは無いので、手元の資料で書きましたので、間違いがあるかもしれません。

    以上、参考まで。

    続きを読む