• 締切済

    質問東京西部の南北の移動が不便ですが、鉄道の開発はないでしょうか?

    • 2016/10/2
    • Caquio

    東京多摩地区から都心部へ出るには、多くの電車があるので非常に便利です。

    しかし例えば、
    西武新宿線の小平から、京王線の府中への移動、
    上石神井から小田急線の成城学園前への移動、
    西部池袋線のひばりヶ丘から調布への移動など、
    直線距離は近いのに、かなり不便ですよね。

    多摩都市モノレールがあるので、立川から南北へ西武拝島線、京王、小田急線にアクセスできますが、こういう南北のラインがもう少し増えてもいいんじゃないでしょうか。

    武蔵野線も、西武新宿線や京王線との乗り換え駅はありませんし、西武池袋線との秋津、新秋津の乗り換えも不便なので、いまいち使い勝手が悪いし、府中本町までしかないので、小田急線へのアクセスも不便です。(稲城を経由して、新百合ケ丘くらいまで伸びてれば便利ですが。)

    同じ東京でも、都心、副都心には、鉄道が網の目のように張り巡らされてますが、やはり多摩地区周辺には、あまりお金をかけたくないのでしょうか?南北の交通の便をよくしても、あまりビジネスとしては収益が見込めないんでしょうか?

    続きを読む

  • 回答

    • 2016/10/6
    • bloodsucker

    No.5です。
    都心に乗り入れない路線は採算面で苦しいというのは、関西方面でも同様のようです。
    大阪市営地下鉄には市の中心部に乗り入れない「今里筋線」がありますが、市営地下鉄の全路線中で最も営業係数が悪く、今後の延伸計画はあるものの大阪市が延伸に難色を示しているそうです。
    JRおおさか東線の延伸は進行中ですが、新大阪駅に乗り入れる予定なので地下鉄今里筋線よりは有望なのでしょう。どうせほとんど貨物線の転用だし。

    >今は景気が良いわけでもなく、街が開発されて土地もなく、工事が圧倒的に大変なんでしょうか?
    鉄道ではないですが、東京外環自動車道の延伸はそれで難航しています。

    >新秋津、秋津の乗り換えを便利にし、
    地元商店街の反対という問題の外にも「西武秋津駅の東側は清瀬市、西側は東村山市、北側は埼玉県所沢市と、行政区分が違う」とか「武蔵野線と西武池袋線の交差ポイント直近に踏切があり、駅の移設が困難」とか問題山積です。残念ですが、町田のようにはいかんでしょう。

    >池袋線、新宿線、京王線と便利に乗り換えできるようにして、
    武蔵野線は根が貨物線なので、貨物輸送の無い路線との接続は考慮していないのでしょう。建設・開業当時で西武池袋線は秩父方面からのセメント輸送がありました(現在は廃止)が、西武新宿線はなかったと思われます。京王本線は軌間が違うので車両の乗り入れができないから、最初から検討の対象外だったのでしょう。

    続きを読む

  • 締切済

    質問武蔵野台地における南北交通の改善

    • 2013/8/13
    • chs834chestnut

     山手線の西側で南北を走る路線を改良する計画は東横線と副都心線とつながるぐらい見当たりません。以下のような問題があるのに、改良しないのはなぜか教えてください。また、それぞれの路線事情も考慮して、このような問題を解消するには以下の2つの案が現実的だと判断し、載せておきました。
     現状の問題点
    山手線の西側は南北に走る交通が少なく、既存の路線も非常に使い勝手が悪い。そのため、山手線や埼京線に集中し都心付近では混雑がひどくなっている。特に埼京線は混雑や遅延がひどく、犯罪も多い。期待されているものとして、副都心線や武蔵野線があるが、武蔵野線は他線へのアクセス、副都心線は有効速達電車の本数の少なさがあり使い勝手が悪い。また、南北を走る武蔵野線も府中本町までしか運行されなかったりして、京王線や小田急線との接続も悪い。これを改良するのに最適なのは以下の2つの改良案であろう。
    改良案
    1.副都心線・東横線の有効速達電車の増発
    ・副都心線の種別を統合し、小竹向原~元町中華街間の有効本数を4本/hから8本/hに増発をおこなう
    ・乗り入れ先の西武池袋線のぐちゃぐちゃダイヤを整理し、東横線から東武東上線への乗り入れも拡大する
    2.武蔵野線の新百合ヶ丘延伸
    ・多摩地域はまともな南北交通が発達せず、中央線で線路が途切れるものが多い。井の頭線や多摩モノレールの延伸、エイトライナー、八高線と横浜線の直通運転などが考えられたが、採算が合わないこと、工事に膨大な費用と建設期間が長いこともあって、延伸がほぼ困難。武蔵野線を南武線に直通したり、武蔵野南線を旅客化する案もあるが、運用が複雑になったり、南武線では以下の問題がある。以下のページを参照http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    また、武蔵野貨物線を旅客化すると、南武線と並行することや、稲城付近をのぞいて駅の設置が困難なこともあって、旅客化は難しい。なので、コストの削減、工期の短縮、最も有効なのは武蔵野線と小田急線を直通するぐらいであろう。小田急なら相模大野で2つにわかれるので運用しやすい。ダイヤが乱れを懸念する者もいるが新百合ヶ丘の両サイドに折り返し線を整備する(新宿寄りは既にある)、鶴川の2面4線化、橋上化、町田~相模大野の複々線化、藤沢駅2番ホームの8両化と引き上げ線の設置、などの対策をを行えば大きな問題は起こらないだろう。
    武蔵野線の小田急直通
    路線図:http://chizuz.com/map/map146872.html
    断面図
    画像を参照

    続きを読む

  • 回答

    • 2013/8/13
    • noname#1080872

    一番のネックは誰がその莫大な費用を負担するのか。

    JRはともかく、大手といえどもそんな余裕はないと思います。
    少子化でどの鉄道会社も乗客率は下がっているし、
    バリアフリー化等の設備投資に多額のお金がかかります。

    地方自治体? 多摩地区の市町はそんな余裕はないです。
    東京23区と比較してはるかに貧弱な都市が多いのが現実です。

    武蔵野線は、東武東上線と中央線くらいしか直接結んでいないし、
    西武線の秋津駅とJR新秋津駅は乗り換え駅にはなっているけれど、10分近くかかります。
    西武拝島線・多摩湖線とは萩山駅近くを武蔵野線が通っていますが、全く接続もしていません。

    その上に、武蔵野線と南武線の接続駅「府中本町」は構造上、改造が難しいし、山手線に平行に走って接続する埼京線・京浜東北線とは、はるかに乗降客は少ないし、また中核となる都市や街中を通る路線ではないので、莫大な土地買収の費用を出しても見合わないでしょう。
    立川や八王子・吉祥寺があるといっても、池袋と比べただけでも、まるで比較にならない都市・市街地です。

    武蔵野線~南武線~小田急線に乗って、大回り(遠回り)するくらいなら、各線で、
    直接山手線沿線に出た方が、近くて便利です。

    夢の中の夢では実現できるでしょうが、所詮、絵に描いた餅にしかすぎません。

    続きを読む

  • 締切済

    質問通学方法

    • 2012/3/10
    • jb-twilight

     西国分寺駅から田柄高校まで”速い・安い”通学をしたいんです。
    一応私が利用しているのは・・・ 

    西国分寺駅(武蔵野線)->新秋津駅(徒歩)->新秋津駅(西武線)->練馬駅->西武バス47系統->田柄高校

    何ですが、帰りは.....光が丘(大江戸線)->東中野(中央線)->西国分寺駅
     もしくは、田柄高校(西武バス47系統)->下赤塚駅~・・・・・という方法を試したことがあります。(行きではまだ試したことがありません。)
     
    もっとも速く、安い登校の仕方は上記でどれが一番良いですか??もしくは上記以外で良い通学方法があったら是非教えてください!!

    最近お父さんにお勧めされたんですけど、京王線で新宿まで行ってから練馬駅(光が丘駅)に行くとういう方法なんです。まだ試したことがないので詳細を教えてもらえませんか?

      交通料金や時間も教えてください(^^) よろしくお願いします♪

    続きを読む

  • 回答

    • 2012/3/10
    • dqf00134

    鉄道の部分しか言えませんが、
    西国分寺から北朝霞まで武蔵野線で移動すれば、朝霞台駅から東武東上線に乗り換えられます。
    東上線で成増まで行くと、練馬駅行きの西武バス(今利用している路線を逆に乗ることになります)で田柄高校に行けます。
    電車賃は通常の切符ですと、JRが290円で東武が160円になります。あわせて450円ですから、現状の新秋津・秋津乗り換えの方が安いですが、所要時間はネット検索した限りでは3分ほど短縮できます。
    地図を見る限り、田柄高校は練馬より成増の方が近いので、バスの乗車時間も短いはずなので速いは実現できそうです。

    続きを読む

  • 締切済

    質問通学方法・・・

    • 2012/2/8
    • jb-twilight

     西国分寺駅から田柄高校まで”速い・安い”通学をしたいんです。
    一応私が利用しているのは・・・ 

    西国分寺駅(武蔵野線)->新秋津駅(徒歩)->新秋津駅(西武線)->練馬駅->西武バス47系統->田柄高校

    何ですが、帰りは.....光が丘(大江戸線)->東中野(中央線)->西国分寺駅
     もしくは、田柄高校(西武バス47系統)->下赤塚駅~・・・・・という方法を試したことがあります。(行きではまだ試したことがありません。)
     
    もっとも速く、安い登校の仕方は上記でどれが一番良いですか??もしくは上記以外で良い通学方法があったら是非教えてください!!

      できたら、交通料金や時間も教えてください(^^) よろしくお願いします♪

    続きを読む

  • 回答

    • 2012/2/11
    • nobu1189
    • ベストアンサー

    こんにちは。

    西国分寺から田柄高校まで提示された方法での運賃を比較します。

    (ルート1)所要時間:約55分
    西国分寺-(JR武蔵野線)-新秋津・秋津-(西武池袋線)-練馬・練馬駅北口-(西武バス 練47系統)-田柄高校
    1回分の運賃…600円(JR:160円、西武:230円、西武バス:210円)
    通学定期運賃(高校生)
    西国分寺-新秋津・秋津-練馬
    1か月…6940円
    3か月…19810円
    6か月…37530円
    練馬駅北口-田柄高校(西武バス「学トク定期券」)
    http://www.seibubus.co.jp/savepass/gaku.htm
    年度(4/1~3/31)…20000円
    1学期(4/1~8/31)…8000円
    2学期(9/1~12/31)…7500円
    3学期(1/1~3/31)…5500円
    1か月…1950円

    (ルート2)所要時間:約50分
    西国分寺-(JR武蔵野線)-北朝霞・朝霞台-(東武東上線)-下赤塚・下赤塚駅-(西武バス 練47系統)-田柄高校
    1回分の運賃…690円(JR:290円、東武:190円、西武バス:210円)
    通学定期運賃(高校生)
    西国分寺-北朝霞・朝霞台-下赤塚
    1か月…9230円
    3か月…26320円
    6か月…49870円
    下赤塚駅-田柄高校(西武バス「学トク定期券」)
    http://www.seibubus.co.jp/savepass/gaku.htm
    年度(4/1~3/31)…20000円
    1学期(4/1~8/31)…8000円
    2学期(9/1~12/31)…7500円
    3学期(1/1~3/31)…5500円
    1か月…1950円

    (ルート3)所要時間:約1時間以上
    西国分寺-(JR中央線)-東中野-(都営大江戸線)-光が丘-(徒歩)-田柄高校
    1回分の運賃…550円(JR:290円、都営:260円)
    通学定期運賃(高校生)
    西国分寺-東中野-光が丘
    1か月…11330円
    3か月…32290円
    6か月…61190円

    所要時間は検索サイト等で割り出した時間です。当日の状況・待ち時間によって変わる場合があります。
    なお、定期購入の際は通学証明書に記載できる経路が決まっていますので、学校に問い合わせください。

    ご参考まで。

    続きを読む