• 締切済

    質問神経性の病には津田沼で乗り換え! どういう意味があるか解らない

    • 2018/4/3
    • モナーな

    神経性の病には津田沼で乗り換え!
    どういう意味があるか解らない

  • 回答

    • 2018/4/3
    • phj
    • ベストアンサー

    津田沼駅にはJRと「新津田沼駅」があり、ちょっと離れているのですが、乗り換えができます。(乗り換えができないほど離れたところに京成津田沼もあります)

    この新津田沼駅がある路線は「新京成」といい「しんけいせい」つまり「神経性」と掛けているゴロ遊びです。

    なお、本当に病気ならJR津田沼駅前にある「津田沼神経科クリニック」をお勧めします。

    続きを読む

  • 締切済

    質問成田へのアクセスが良い東京近郊の物件

    • 2016/2/11
    • darunpa

    成田空港へのアクセスがよく、
    海外へ行き易い立地の物件を探しています。
    都内へのアクセス、成田へのアクセス、
    両方が両立していて、それなりに住みやすい街は何処でしょうか?

    もし見当が付く方いらっしゃいましたら教えて下さい。

  • 回答

    • 2016/2/11
    • phj
    • ベストアンサー

    元千葉県民です。ふなっしーの隣の梨の国です。

    質問者様のリクエストに答えられる街は千葉県内にそこそこありますが、都内アクセスはいくつかの種類があり、住みやすいという定義にもいくつか種類があります。以下、各街の傾向です。都心寄りから成田寄りに書きます。
    共通する基本項目として、都心から成田への所要時間は成田アクセス線<京成本線<JR総武線です。総武線は千葉駅を通るため大廻りになり、アクセス線はほぼ最短距離、京成はその中間です。
     総武線快速は新日本橋駅・東京駅・新橋駅・品川駅に停車し横須賀線横浜方面に直通する
     総武線各駅停車は秋葉原駅・御茶ノ水駅・新宿駅に停車し中央線三鷹駅まで直通する
     京成本線は日暮里駅・上野駅方面または都営浅草線に直通し浅草・日本橋・東銀座・新橋から京急に乗り入れる
     成田アクセス線も高砂駅から本線と同様、ただしアクセス線は都営線に直通するものが多い

    市川市 
    ・総武線&京成本線付近(JR快速にて東京駅まで20分)
     地面は平ら、そのかわり0メートル地点を含むので地震には弱い
     都市計画が進まず、道は狭いし車は多く駐車場は少ない、渋滞もものすごく多い
     駐車場が少ないということは大型ショッピングセンター(SC)やDIYショップはほとんどない
     買い物は市川駅前・本八幡駅前に集中し、コルトンプラザがほぼ唯一の大型SC
     総武線でも京成でも成田アクセスはよい、JR市川駅は快速停車(成田直通)京成八幡駅は快速特急停車(成田直通)

    ・アクセス線
    大町及び松戸市の駅を含む
     地面は平らだが、丘陵地帯を含む、梨園が多い地域は地盤が固く、丘陵地帯
     駅周辺にとりたてて商店は多くなく、郊外型の小規模スーパーが点在する
     住宅道路は狭く、幹線道路がないに等しいので常に渋滞がある。
     総武線沿線と比較して、車所有者は多く、利用の機会は多い
     総武線快速は新日本橋駅・東京駅・新橋駅・品川駅に停車し横須賀線横浜方面に直通する
     総武線各駅停車は秋葉原駅・御茶ノ水駅・新宿駅に停車し中央線三鷹駅まで直通する
     京成本線は日暮里駅・上野駅方面または都営浅草線に直通し浅草・日本橋・東銀座・新橋から京急に乗り入れる
     成田アクセス線も高砂駅から本線と同様、ただしアクセス線は都営線に直通する
     東松戸駅は武蔵野線から舞浜・東京駅へ直通する

    船橋市
    ・総武線&京成本線付近(JR快速にて東京駅まで船橋駅25分・津田沼駅30分)
     地面は平ら、そのかわり0メートル地点を含むので地震には弱い
     都市計画が進まず、道は狭いし車は多く駐車場は少ない、渋滞もひどく、市川市よりも劣悪
     海岸沿いには埋立地があり、千葉市幕張方面に向かって工業・商業地帯がひろがっている。
     ららぽーと・IKEA・コストコ・イオンSC・幕張メッセ・マリーンズ球場などは、千葉市・習志野市・船橋にまたがるが海岸地帯としてひとつである。
     これらの海岸地帯はショッピングや行楽に便利だが、国道14号周辺の渋滞はかなりひどい
     船橋駅・津田沼駅は快速停車駅だが駅前商業地帯が広いため、住宅地までは徒歩10分以上かかる
     京成船橋はJR駅と直近(JR-京成間で相互乗り換えがもっとも多い駅)で快速特急停車
     京成津田沼は住宅街の中、商店街もあり比較的便利、JR津田沼までは徒歩15分以上、最寄は新京成の新津田沼駅

    千葉市
    ・総武線(千葉駅まで)(JR快速にて東京駅まで千葉駅40分)
     幕張駅は比較的海(幕張メッセ付近)に近いものの、その先千葉駅までは丘陵地帯に駅がある。埋立地は平らで都市計画が行き届いているが、渋滞は解消されていない。
    またJR総武線駅付近は丘陵の上になりアクセスがよくない(JR京葉線がある)
    総武線付近は昔からの住宅地で道も狭く、大きなSCなどはない、14号を越えた海の方面に行くか、千葉駅または津田沼駅方面の駅前
    または、国道16号付近に大きなSCやDIYがそろっている。
    車を所有すると行動の自由は大きくなる
    住宅地として良好なのは幕張本郷駅・新検見川付近、ただし、快速は停車しない
    快速停車駅は稲毛・千葉
    京成千葉線があるが、成田へは京成津田沼で本線に乗り換える必要がある。

    ・総武線本線(千葉駅から四街道市・佐倉市含む)
    千葉駅を境に、総武本線・内房線・外房線に分かれる
    そのため成田方面の本線は東京直通(快速線)がそれまでの1/3に減る
    千葉-成田間は各駅停車が存在するが成田空港へはほとんど行かない
    住環境としてはかなり郊外になる
    駅前には必要最低限の商店街があるが、郊外型店舗が多く存在し大型SCなども多くなる
    自動車所有は必至ではないが、あるとかなり便利
    駅周辺はそれほどの渋滞はないが、千葉駅周辺や国道16号周辺は渋滞が多く、京葉道路穴川・宮野木周辺は常に渋滞している

    佐倉市は京成本線も駅があるが、JR駅とはかなり離れている



    鎌ヶ谷市(新鎌ヶ谷駅よりアクセス線で日本橋駅まで40分)
    丘陵地帯、アクセス線の運賃は恐ろしく高い
    アクセス線のほか、新京成線・東武野田線(アーバンパークライン)が利用できる。
    野田線を利用し、船橋乗換えで東京駅なら35分程度(乗り換え時間別)
    新鎌ヶ谷駅前は大型SC・市役所・総合病院などがあり便利
    その周辺は住宅地
    丘陵地帯なので地盤は強固
    住宅地の道路は狭い、幹線道路も狭く渋滞とは言わないが常に混雑している(新京成の立体化で多少は解消される)
    成田に向かっては自動車道もアクセス線に沿って整備されているため、鉄道・自動車共に便利

    白井市・印西市
    アクセス線の開通と共に開発された振興住宅街(千葉ニュータウン:千葉NT)
    最近は大型SCやDIYショップなどが多くできたため、日常生活は非常に便利
    都市計画された街なので道路も広い
    NTを離れると田舎、はっきり言って田舎
    ネックなのはアクセス線の運賃の高さ(千葉NT中央-新鎌ヶ谷駅間直通バスあり)

    住宅・日常の生活の快適度(住宅の開放感や物価の安さ、スーパーの利便性など)でいえば、鎌ヶ谷市や船橋市でも快速の止まらない駅などが便利でしょう。またJRよりは京成本線のほうが便利です。

    逆に都心に出ることを考えれば、船橋・市川は相当に便利です。その代わり住環境としては工業地帯などもあるので空気も悪く、車も(特に大型車)も多く、道路が狭いのであまりよくはありません。子育てを考えるなら、自然に触れる場所もほとんどありません。

    アクセス線の松飛台(松戸市)なども利便性はよいですが、とにかくアクセス線は値段が高いです。ただし、東松戸駅周辺なら東京駅まで45分程度で、舞浜も30分程度ですから、ディズニー好きにはいいかもしれません。ただし東京駅での乗り換えは距離が長く最悪です。

    また自動車所有を考えているなら、船橋・市川はあまり利便性が上がるとはいえないでしょう。
    ということで
    子育てをするなら、新鎌ヶ谷・東松戸または新検見川・幕張本郷、自然が多いほうがいいなら四街道周辺
    利便性を優先するなら、JRの快速停車駅
    また、千葉県の海側はJR・京成だけでなく東西線や都営線が走っているので、鉄道がどこか止まっても比較的かえって来やすいです。新京成は台風でも止まらないことで有名です。野田線も比較的止まらないですね。

    なにをもって「両立」とするかによって選んでください。

    続きを読む

  • 締切済

    質問なぜ『京急』とか『京成』がつくんですか?

    • 2014/8/22
    • halflower

    前に似たような質問を 別のサイトでさせていただいたときに、

    『他の鉄道会社と同じ駅前になる時は、区別するためにどちらか一方に鉄道会社の名前を入れる』って教わったんですけど (例えばJRに『蒲田』『川崎』『鶴見』があるから 京急の方には 『京急鶴見』『京急蒲田』『京急川崎』など。)


    でも 他の鉄道会社に同じ名前の駅がないのに わざわざ自分の鉄道会社の名前を入れてる駅がありますよね。


    例をあげるとキリがないのですが、


    『京急田浦』『京急富岡』

    『京成高砂』『京成小岩』『京成八幡』『京成中山』『京成西船』『京成佐倉』『京成酒々井』

    『京王堀ノ内』『京王稲田堤』『京王よみうりランド』『京王永山』『京王多摩センター』など。


    逆に 『成田』『空港だいにビル』『成田空港』の3駅は JRと京成で同じ駅名なのに どちらも自分の鉄道会社の名前を入れてないです。


    そこでご質問させていただきたいのですが、


    2つの鉄道会社で駅名がかぶってしまったとき、駅名に自分の鉄道会社の名前を 『入れる』『入れない』の違いって何ですか?

    続きを読む

  • 回答

    • 2014/8/23
    • koge-magu
    • ベストアンサー

    こんにちは。
    首都圏の私鉄で電車運転士をしております。

    例を挙げられた駅、全て同名駅があります。
    『京急田浦』⇒JR横須賀線田浦駅
    『京急富岡』⇒JR常磐線富岡駅
    『京成高砂』⇒山陽電鉄高砂駅
    『京成小岩』『京成八幡』⇒JR総武線小岩駅・八幡駅
    『京成中山』⇒JR横浜線中山駅
    『京成西船』⇒JR総武線西船橋駅(元々、京成は「葛飾駅」でしたが、JR近接駅という事もあり、「西船橋」の通称「にしふな」から付けられた)
    『京成佐倉』⇒JR総武線佐倉駅
    『京成酒々井』⇒JR成田線酒々井駅
    『京王堀ノ内』⇒京急線堀ノ内駅
    『京王稲田堤』⇒JR南武線稲田堤駅
    『京王よみうりランド』⇒小田急線よみうりランド前駅
    『京王永山』『京王多摩センター』⇒小田急線小田急永山駅・小田急多摩センター駅

    しかし、建物が別であったり、
    連絡改札などが無く、
    同じ駅名でも離れた場所にあるので、会社名を頭に付けています。


    >逆に 『成田』『空港だいにビル』『成田空港』の3駅は JRと京成で同じ駅名なのに どちらも自分の鉄道会社の名前を入れてないです。

    京成は、「京成津田沼駅」以外は会社名を略して案内しています。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    京成津田沼駅はJR津田沼駅とは離れている事。
    新京成線に「新津田沼駅」があるので、「京成津田沼」と案内しないと、新京成線において紛らわしい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    (例)
    京成成田駅⇒成田駅
    京成町屋駅⇒町屋駅

    成田駅は離れているので、正式には「京成成田駅」。
    ただ、上記のように、“京成では、京成津田沼駅以外は会社名を略する”という法則があるので、成田と案内しているのです。

    しかし、空港第2ビル駅や成田空港駅、同じ場所で同じ敷地をJRと京成で改札をシェアしています。
    だから、同名なのです。

    続きを読む