• 締切済

    質問連休後期に 大阪から埼玉北部に移動します。渋滞回避のアドバイスを下さい

    • 2010/4/14
    • morisongz

    連休後期に 大阪から埼玉北部に移動します。渋滞回避のアドバイスを下さい。

    今年の連休後期に大阪(寝屋川)→埼玉(北本)に移動しなければならなくなりました。これまで、連休の大渋滞を避けるために、前後1日ずつ休みを追加したり、休みを微妙にずらしたりしていたのですが、今年は子供の学校等もあって、どうしてもこの日(05/04)に移動しなければならなくなりました。

    この05/04はNEXCO東日本の予測ではかなりの渋滞が見込まれています。
    このような混みそうな日に移動するのは初めてです。
    渋滞回避についてアドバイスを下さい。

    [ポリシー]
    ・小さい子供がいるので、出来るだけ渋滞は避けたい。
    渋滞だとトイレにすぐ行けなかったり、SAがバカ混みでこれまたトイレが厳しかったりするので、高速で渋滞より下道を動いている方がいい。
    ・高速料金はケチらない。早ければ早いほどいい。
    ・小さい子供がいるので夜間走行等は避け、あくまで朝から走行を開始する。

    [想定ルート]
    第二京阪→久御山JCT→京滋バイパス(南郷あたりから渋滞予測?)
    →瀬田東JCT→草津JCT→新名神→亀山JCT→東名阪道(四日市先頭に渋滞予測?)
    →四日市JCT→伊勢湾岸道→東海環状道→土岐JCT

    こちらのルートはもう変えづらいかと…。
    名神通るとかえって混みそうですし…。
    ただ、東名阪が心配です。以前に鈴鹿で事故で25号に降りたら、なかなか東海環状にたどり着きませんでした。


    土岐JCT→中央道→岡谷JCT→中央道→甲府南IC(ここから渋滞想定なのでここで降りる)
    →国道140号秩父往還→東松山→北本

    もしくは、
    岡谷JCT→長野道→更埴JCT→上信越道→松井田妙義IC(軽井沢から渋滞想定だが、なんとか
    ここまでは粘る)→国道18号→高崎→国道17号→北本

    この土岐JCTからのルートで悩んでいます。距離的には秩父往還が近そうですが、どうも結構山道っぽいのでしんどいかなと。国道18号は安中あたりで走った限りでは結構直線で走りやすそうです(碓氷バイパスは厳しそうなので、松井田妙義まで粘ろうかと…)。深谷バイパスまでは混みそうですが、そこを超えて片側2車線区間になれば流れそうですし。

    以前は藤岡JCTまで流れていたので、北関東道に乗って、伊勢崎ICでおりて、上武道路→熊谷バイパスで帰ったのですが、今回は藤岡の手前で混みそうなので…。

    すみませんがアドバイス等ありましたらお願いします。

    続きを読む

  • 回答

    • 2010/4/15
    • dod1972

    #1・3ですが、あらら8時出発ですか。それなら修正しないといけませんね。
    >別項にも書きましたが、四日市-亀山間がボトルネックです。
    名神の渋滞は午後から予測で、上手くいけば渋滞無しで行けるかもしれないのに、伊勢湾岸道経由ですか。別にいいですが。
    四日市~亀山、豊田ジャンクションともに長大渋滞では無いから、まあどうしてもそっち走りたいなら別にいいですが。でも私ならガソリンのムダだし距離長い分疲れるから絶対に名神経由ですが。

    なお、8時出発で新名神なら、京滋バイパスが混んでるから、そういう時は私(寝屋川に比較的近い住民)なら、R307を延々と走って、信楽インターからいつも乗ります。
    そうすると、高速代若干けちれる上に、道もきちんと流れてます。(50キロぐらいの流れなので、爆走はできませんけどね。)
    ちなみに、名神方面に出かけるなら、R307の宇治田原町役場を過ぎて、少し行って県道783号を北上、宇治川沿いを北上したら、瀬田東インターに出て、これも渋滞をかわせます。

    秩父かR18か迷うぐらいだったら、経験あるR18の方がいいのでは?
    高崎は、去年の同時期にR17は通りましたが、道は広めなので昼間なら流れてましたけど。
    高崎心配なら、地図見て抜け道使えばどうでしょ。
    群馬八幡駅の南西の橋で川を渡って、川向かいの道を東に走って、和田橋からR17に合流したら、いかにも高崎市街はパスできそうに見えますが。
    R18も万一混んでたら、地図見たら、なにやら川向かい南側に一杯東西方向の抜け道があるように見えますけど。それだけでなく北側にも東西方向の抜け道が見えますが。

    それでも私なら抜け道効果期待して距離の短い秩父経由使いますが・・・・・・

    続きを読む