函館駅のQ&A

  • 締切済

    質問函館と横須賀市はどちらが都会ですか

    • 2017/11/3
    • けいさと

    函館と横須賀市はどちらが都会ですか

  • 回答

    • 2017/11/5
    • sasaki-ken62

    地元の人にいちゃもんを付ける気もないけど・・・


    >市の中心部でもシャッター通りが増えて行ってます。
    かつての函館有数の繁華街であった大門、松風あたりのシャッター通化が問題となったのは遠い過去のこと。
    今や、建物自体が無くなって、空き地が目立つ有様。
    「シャッター通りが増え」・・・増える余地があるだけ、まだマシ。
    因みに、五稜郭周辺が”一人気を吐く”状態だけど、函館駅周辺と比べての話しであって、かつての栄華は何処へ行ったのか?状態に変わりは無い。

    横須賀を周囲の大都会と比較するからであって、地域の最大の中核都市でありながら、主要産業の斜陽化が問題となったのは30年以上前からのこと(バブルって何?)で、景気に左右されやすい観光が基幹産業になっている函館が都会だと?

    >最近の横須賀を見るにつけ、もしかすると函館の方が都会かもしれない・・とも思いました。
    ”もしかして”程度で、イヤミの駄目押しは勘弁して欲しいな と('-'*)

    続きを読む

  • 締切済

    質問かなり無茶な提案ではないでしょうか? 旅人が荷物持って夜道を3キロ歩く。

    • 2017/10/26
    • 365217

    北海道&東日本パスの「新定番ルート」は? 「はまなす」廃止後、新幹線かフェリーか高速バスか
    http://tabiris.com/archives/hepass-2/

    第3案 青函フェリーを使ったルート

    安く行きたいなら、青森~函館を青函フェリーで移動することです。特急券と函館のホテル代、バス代を浮かすことができます。これを第3案とします。

    この場合は、東京を少し遅い時間に出ても間に合います。

    東京09:15[平日]→(中略)→23:46青森→(徒歩)→青森港02:00→05:50函館港→(徒歩)→五稜郭06:56→07:01函館08:18→(中略)→17:02札幌

    金銭的には、青函フェリーの運賃1,600円(2016/4月~)だけの追加で済みます。ただ、第1案同様、札幌に着くのは夕方になってしまいますし、睡眠時間が短くしんどそうです。なお、青森港へは、新青森駅から歩いた方が、少し近いです。

    節約なら第3案。睡眠時間が短くなりますし、港まで歩く距離も長いのが難点ですが、若い人ならこれもいいでしょう。

    この文章でとても気になりました。

    実際問題、7日間の旅行荷物を持って、
    新青森駅→青森港(2キロはありそう)
    函館港→五稜郭駅(3キロはありそう)
    登山やハイキング、バックパッカーの趣味はない旅人は歩けるのでしょうか?

    自分自身が10代や20代前半の時でもそんなことは出来ないと思いました。

    私自身は若かりし頃、急行乗り放題の北海道周遊券でユースホステルを泊まり歩く旅行を
    したことがありますが、荷物担いで何キロも歩いたことはありません。

    続きを読む

  • 回答

    • 2017/10/27
    • tckeiba

    年齢等による体力的な問題はたしかにありますが、夏限定ならありかなと。
    冬と春(のきっぷの使える時期)は1時間も寒さに耐えて歩けるのかどうかというところですねぇ
    道も下手すりゃ雪で歩道は埋まっているし、あまり雪道を歩いたことない人だと
    かなりシンドイですよ。

    ただ、7日分の荷物となると、中年のおっさんの私でもそれなりの荷物量になりますので、それを
    背負ったり引いて2~3キロ、1時間前後歩くのは夏でも嫌なので、素直にタクシー使いますけどね。
    青森は900円、函館は函館駅までが1,270円で定額タクシーが事前予約必要ですけどありますから。

    続きを読む

  • 締切済

    質問青函連絡船で車を積んで渡航するにはいくらかかりますか

    • 2017/9/10
    • 虎キチ

    青函連絡船で車を積んで渡航するにはいくらかかりますか

  • 回答

    • 2017/9/10
    • sasaki-ken62

    青森函館間のフェリー航路なら#1さんの回答にある青函フェリーのほか
     津軽海峡フェリー
     http://www.tsugarukaikyo.co.jp/
    もある。

    で、「青函連絡船(固有名詞)」は東北本線及び奥羽本線の終点である青森駅と、津軽海峡を隔てた北海道、函館本線の起点である函館駅とを結ぶ鉄道連絡船のことで、青函連絡船は1988年に廃止になっている(2017年現在、運航していない)。
    また、元青函連絡船としても、係留船が僅かに残るほかは、事故で沈没したり、解体されたりで、実働する船は存在しない。
    あくまでも「オレは青函連絡船なんだ」と言い張るのなら・・・「10億円くらい用意もらって、展示船になっている船(摩周丸or八甲田丸)を復活させる」なんてことが出来る かな?

    続きを読む

全国700地点以上 今見頃の紅葉名所は?紅葉情報2017
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び