エリア変更

熊本地震被災地での猫の糖尿病療養食の入手方法を教えて下さい

  • 締切済

    質問熊本地震被災地での猫の糖尿病療養食の入手方法を教えて下さい

    熊本県宇城市で糖尿病の猫を飼っています。
    普段ネットで購入している糖尿病療養食(ロイヤルカナン糖コントロール ドライ)が流通の停止で手に入りません。かかりつけの動物病院にも問い合わせていますが、被災されており、確認待ちの状態です。
    何か入手方法をご存じの方、試された方、これはどうだろうと思いつかれる方、どうぞお知恵を貸してください。
    在庫がわずかで急いでいます。
    どうぞよろしくお願い致します。

    • 2016/4/20
    • manekineko0205
  • 回答

    人間の世界の糖の考え方では、軽い飢餓状態が改善が早いそうです。

    餌を与えなければ、低血糖や合併も心配されますので適正量と回数を守れば心配することはないでしょう。
     
    既にインスリンや悪化・治療程度および年齢によっては方法も違うと思いますが、心配し過ぎは保護者さんのストレスが伝わりますし、あまりよくありません。

    身体の糖をエネルギーに変えてある程度使い切るところへ食べ物が入るのが理想的な仕組みらしいので、それには筋肉をつけるストレッチや軽い運動でよいそうです。
    ある方は15年目の猫ちゃんが元気におられますが、毎日良質なちくわだけで フードはたまにしかやらないそうです。食事は昼までに二回で、
    夜は倉庫のネズミや好きなものを自分で取らせるように与えていないそうです。

    すべてではないですが、営利目的の高額医療食による改善が不思議な場合もあります。

    三食適正量と軽い筋力 の治療が長生きにはオススメです。

    以上より 何日か程度は気にする程損ですので、猫ちゃんとの生活をせっかくですから楽しんでください。

    大変とは思いますが、その位でなんとかなるような生命力ではないですから まだまだムチャクチャで生きている猫ちゃんもいます。
    フードがもらえるのであれば少しずつ適正量手前を与えてみて下さい。改善してきたら適正量にしていくとフードでも十分大丈夫だと思います。

    • 2016/4/23
    • tosikotosio