• 締切済

    質問「小串」と「川棚」について

    山陰本線に小串-川棚温泉という駅が並んでおり、また大村線にも小串郷-川棚という駅が並んでいます。

    これは偶然とは思えないのですが、「小串」と「川棚」という地名が隣り合わせに存在するいわれというのがあるのでしょうか?

    • 2012/10/14
    • meimio
  • 回答

    地名の由来を辿っていくと、地形や人為的に造成されたもの(埋田⇒梅田・○○新田など)が多いと思いませんか?
    例えば、津・泊・浦は、船の停泊地で、「博多」は、遠賀川の河口洲に多くの船の停泊地が有った事から泊多が訛ったとも言われています。

    調べると、西日本には、「串」の付く地名が多いようです。
    串は、地形が海に飛び出した岬や半島の意味で、小串は小さな岬と言う意味のようです。
    鹿児島市瀬々串・佐賀県唐津市串・愛媛県西予市宮ノ串・大分県佐伯市猪串・熊本県津奈木町合串・長崎市野々串・長崎県南島原市串・川棚町小串、山口県下関市小串・岡山市小串・広島県江田島市切串・和歌山県串本町などがあります。
    また、内陸部の場合は、傾斜地を表すようです。
    高知県四万十町平串・愛媛県愛南市亀ノ串・伊予市串・宇和島市奥高串・長崎県鹿町町長串・佐賀市大串・山口県岩国市宮ノ串・山口市串など

    川棚もNo2氏の説明で頷けると思います。
    ですから、偶然とは言え、由来を辿ると、案外共通点が有るのかも知れませんね。

    • 2012/10/14
    • kuma-gorou
    • ベストアンサー