• 締切済

    質問献立作りが苦手です。

    献立作りが苦手です。

    毎日の献立作りが苦手なので、前もって予定を組んでおくんですが、
    急に「今日○○食べたい」と言われると、
    それに合うおかずをいちから考えないといけません。
    しかも予定を組んで買い物に行っているので、
    翌日の献立の予定まで全部狂ってしまいます。

    毎日それでイライラしています。
    買った食材は使い切りたいけど、
    家族の好みに合わせていたら使いきれず、
    もう全部投げ出したくなります。

    どうしたら上手に献立が組めるようになりますか?

    • 2010/7/7
    • magnet0715
  • 回答

    作る側の悩みは判ります。作ってもらう側からの一言です。
    私は好き嫌いなく何でも美味しくいただけるタイプですが、それでも時により食べたいものがあります。麺類(蕎麦)がすきで、一人の時は自分でザルそばにしたり、天ザルをしたり、など折に触れて
    材料を手に入れる機会を得たときには自分でつくります。
    カミサンが作ってくれたときはそれを美味しくいただきます。
    事情があって、一人暮らしの時が多いのですがその時はこんな工夫をしています。
    常備采として、ひき肉のそぼろ。煮豆。保存食を3回分くらいつくり冷凍保存。漬物(奈良漬、塩漬け)は適当に。としておきます。それらをベースにして他のものをつくると、一週間のうち3回は利用できる。
    あとは暇な時にシチューもどき(残りは後でカレーにもできる)、南蛮漬け(肉、魚その時に安くいい物があったとき)を季節に合わせつくり置きします。
    夏場などいたみやすい時期は南蛮漬けが多くなる。
    ひき肉のそぼろはマーボ豆腐、肉じゃが、野菜の煮しめ、に使えるので便利します。
    煮豆はそれだけででも主采にも副采にも、ときにはサラダに沢山入れても良いですよ。南蛮漬けは保存でき1週間くらいは使える。
    その他の日には出かけた折に食品売り場で、肉、魚、いいもの見つければそれを調理してその日の食卓を気ままな和(焼き魚、刺身、しめ物にして、煮物、練り物なんでも)洋食に(ステーキあり、コルドンブルーもどき、ソーセージなどなど)食事メニューを決めます。
    週に一回は私が夕食の支度を引き受けたりもします。
    こまごまと残った野菜をミジンギリしてチャーハンにもいいですよ。このときにひき肉のソボロもつかえます。組み合わせバリエーションをつければ結構いけます。もっとも好き嫌いのひどい人には向かないけど、工夫は出来る筈、どうぞ面倒と言わず食べることを楽しみましょう。
    面倒なときはパンに手作りのジャム、ママレードとコーヒーということもあります。
    人生の楽しみの一つは食です。自慢めいた文章ですが、若いときから食べることには手間隙を惜しまないできました。
    食を粗末にはしないようにしている73歳ジジイです。どうか食にもロマンをもってください。
    ジジカメ ta2916
                                 

    • 2010/7/8
    • ta2916