エリア変更

神武天皇即位前の日本はどんな状態?

  • 締切済

    質問神武天皇即位前の日本はどんな状態?

    神話によると、神武天皇は紀元前660年2月11日に初代天皇に
    即位したとされています。
    では、神武即位前の日本とは一体どんな状態だったんでしょうか?
    国を治める者が誰もいない無法状態?
    悪魔や悪霊が国を支配していた地獄のような状態?

    私は神話教育を受けていない世代なもので、具体的なイメージが
    あまりわきません。

    ご解説よろしくお願いします。

    • 2010/2/12
    • takeshi95
  • 回答

    神武以前の日本は豪族の治める小さい国がたくさんありました。天皇に即位したと言っても支配できたのは今でいう奈良県と大阪府だけ。そういう意味では前も後もたいしてかわりばえしません。

    これは私の考えですが神武東征はなかったんじゃないかと思います。日向の高千穂(想像ですがたぶん宮崎県の日向ではなく福岡県福岡市早良区の日向)を出発して大阪につくまで十数年! いくら昔でも1ヶ月もあればじゅうぶんな距離ですから、軍事行動としては考えづらい。想像ですが、たまたま通りすがりに近畿地方の豪族の内戦に巻き込まれて、ひょんなことから大王(おおきみ)にまつり上げられたようにも思えます。

    • 2010/2/13
    • kishn_an