• 締切済

    質問土地の名 連想

    ある土地の名から特定のイメージが立ち上がってくる。
    そんな経験はありませんか?

    たとえば「羽曳野」と目で見、耳で聞くとき、
    目の前に浮かぶのは、遊びつかれた蝶々が羽を休めている野。美しい夕景。

    星の数ほどある土地の名から、どんな言葉があなたを刺激しますか?
    それはどんなイメージですか?

    現実との落差は問題ではなく、連想の遊び、言葉遊びとして。
    ただし、曾遊の地が今ではある固定したイメージとして想起される、という場合も含めましょう。

    それではどうぞよろしくお願いします。

    • 2006/7/6
    • zephyrus
  • 回答

    こんにちは。
    また、イメージが湧くような地名、
    報告にきました。

    1、さと

    ●「七里」(ななさと)【高知県高岡郡四万十町 七里】

    ●「三郷」(みさと)【埼玉県三郷市】

    ●「伊万里」(いまり)【佐賀県伊万里市】

    さとって、字も、
    まるで、おでんの中の大根のような、
    おだやかな温かさを感じさせる字ですね。
    どことなく、懐かしくて、落ち着くような・・・。

    「里」や「郷」など、複数の漢字が
    用いられていますが。

    「里」を、「り」と読むと、
    涼しげで、どこか凛とした佇まいに感じるのは、
    伊万里が磁器の産地というイメージに、
    ひっぱられているかもしれません。

    つるりとした器の、ひんやりとした冷たさに
    通じるものがあるような・・・。



    2、この

    ●「金浦」(このうら)【秋田県にかほ市金浦】

    ●「小野」(この)
    【岐阜県岐阜市小野】、【兵庫県朝来市生野町小野】、【熊本県球磨郡小野」など


    ひらがなの「な」「こ」には、
    「オニギリにして、転がしたくなるような、可愛らしい響き」
    を感じました。

    この表現は、川原泉という漫画家の言葉なのですが。

    「ななさと」とか、
    「このは」とか、
    可愛らしい響きをもって、聞こえます。


    あと、以前に回答した、
    「すすき野」、
    少女時代に読んだ漫画(下記参照)の
    イメージに引きづられていた事に、
    先日気がつきました。

    「星の瞳のシルエット」
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE% …

    初恋の少年に会うのが、
    すすきが生い茂る野原だったので、
    おそらく、このイメージが知らないうちに、
    影響していたのかも・・・。


    3、はら

    ●「与那原」(よなばる)【沖縄県】

    ●「山原」(やんばる)【沖縄県】

    はら、という言葉がつく地名は、
    私もいろいろとイメージが湧く地名でした。

    ・・・で、沖縄にでてくる地名だと、
    「はら」ではなく「はる」になるのですが・・・。

    この「はる」は、私には、「はるか」に通じて聞こえるのか、
    「はら」よりも広々とした場所のように思えました。
    私自身は、沖縄に行った事がないのですが・・・。





    では、長々と失礼しました~。

    • 2006/9/15
    • Lioh