エリア変更

近畿中央部を除いて、前方後円墳が少なくなり、埋葬施設として横穴式石室が普及。また、群集墳も実現。 →

  • 締切済

    質問近畿中央部を除いて、前方後円墳が少なくなり、埋葬施設として横穴式石室が普及。また、群集墳も実現。 →

    近畿中央部を除いて、前方後円墳が少なくなり、埋葬施設として横穴式石室が普及。また、群集墳も実現。
    →地方豪族没落=大和政権への服属

    とあるんですけど、どうゆう意味か分かりやすく教えて下さい!

    • 2019/4/29
    • きな46
  • 回答

    日本の古代は、地域で集落を作るのが、生活様式でした。そして、村長の埋葬は、円墳が多かったですが、その後、前方後円墳が、徳島県の古墳から始まったようです。
    そして奈良の仁徳天皇陵が一番大きいのかな、その後の古墳は、見当たらないので、石室に変化したと考えられるのです。高松塚古墳などが、石積みで壁画があり有名になりました。

    いずれも、徳島県阿南市で取れた、朱が使われていますから、交流があったことも確認されています。
    参考までに・・・・
    https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g1121 …

    https://www.asuka-park.go.jp/area/takamatsuzuka/ …

    そして、地域集落が、だんだん組織を大きくして、古事記の編纂された700年代前後で、全国に神社が建っています。この頃から、集団生活が一回り大きくなったと考えられます。それがヤマト王朝の怒りですか。その分、地方豪族の没落とはその事でしょうね。
    https://senjp.com/jinmutennou/

    • 2019/4/29
    • 放浪者