ストレスを忘れられるような面白い話が欲しい!

  • 締切済

    質問ストレスを忘れられるような面白い話が欲しい!

    最近、物事を悪い方向に考えがちなので、流れをたちきれるような面白い話が欲しいです。

    でっち上げた話でも、今日起きた笑えるハプニングでも何でもどしどし回答していただけると幸いです。

    宜しくお願い致します。

    • 2018/8/24
    • ssc2018
  • 回答

    画家のレオナルドさんの『モナリザ』と言えば、泣く子も黙る名画中の名画です。
    その名画が盗まれるという事件がありました。
    首謀者のマルケスさんはお金持ちの家で生まれて詐欺師になった人です。
    マルケスさんはルーブル美術館の内装工事をやったことのある職人を酒場で探しだし、ルーブル美術館の改装工事のときに内部に侵入させ、『モナリザ』を盗ませたのです。
    当時は警備もいい加減だったので、盗難自体は簡単だったようです。
    マルケスさんは三人の実行犯に大金を渡し、『モナリザ』を隠しておいて自分の指示を待つように言い、去っていきました。
    実はマルケスさんは、盗難事件の前から画家のショドロンさんに『モナリザ』の贋作を何枚も描かせていて、更に各国の大金持ちに連絡を取り、「『モナリザ』を売りまっせ」と話を持ちかけていたのです。
    盗難事件が起こると世界中に知れ渡り、そこへマルケスさんが古びた加工をした贋作を持っていったものですから、何人ものお金持ちが騙されて買ってしまいました。
    マルケスさんは日本円にして40億円とも言われる大金を手にして、『モナリザ』と実行犯を放置して逃亡。
    実行犯の三人にはいつまで経ってもマルケスさんからの連絡が来ず、しびれを切らした実行犯はフィレンツェで『モナリザ』を売ろうとして逮捕されました。
    ところが、イタリア人はどういうわけか「『モナリザ』はイタリアの物でフランスに奪われた」と信じていて、実行犯は英雄扱い、すぐに釈放されました。
    実行犯はマルケスさんのことは一切言わず、マルケスさんはカサブランカ辺りで悠々自適の人生を送り、70代で亡くなりました。

    • 2018/8/24
    • noname#254579