明石家さんまは好きですか?

  • 締切済

    質問明石家さんまは好きですか?

    世界で一番尊敬している人は誰ですか?
    というアンケート調査が世界的に実施されて、日本人回答者の結果としては、男性では、一位が今上天皇 明仁、二位がイチロー、そして三位が明石家さんまでした。

    https://oshiete.goo.ne.jp/qa/10430162.html

    この結果に私はびっくりしました。。明石家さんまってそんなに尊敬されているの!?って。

    そこで質問です。皆さんは、明石家さんまを尊敬していますか?

    ① 尊敬している。
    ② 尊敬していない。
    ③ その他 (          )

    • 2018/4/28
    • haiji1996
  • 回答

    ③ 絶滅危惧種だと思っています。

    「明石家さんま 評」

    さんまの強みは、分かりやすい。素の状態でテレビに出続けられるという点である。テレビに出ているさんまが、素のさんまなのである。素なので、カメラが回って初めてスイッチをオンにする芸人とは違い、ずっとあのテンションを保っていられる。
    そして、素のさんまというのはとにかくおもしろい話をずっとしゃべっている人間である(と聞く)。そのため、ずっと近くにいると辟易してしまう人も一定数いるのは確かなのだが、とにかくずっと「ひょうきん」なのである。
    だからこそ、生放送でも笑いの密度があまり落ちない。生放送は、編集しておもしろいところを抽出する場合よりどうしても笑いが散漫になるのだが、さんまがいるとそんなことにはならない。

    【さんまは、生放送を任せておもしろい唯一の芸人である。】

    では素のさんまはなぜおもしろいのか。上記の通り、自分でおもしろい話ができるというのは理由の一つである。さんまは自分が単独でエピソードトークをする場合にも、手堅くまとめることができる。
    ただ、それ以上に注目したいのが他者と絡む時である。さんまは、他者に対しても、とにかく「はたで見ている人」に笑いを呼び起こすことを第一命題とする動きを要求してくる。さんまからギャグをフラれたら、素人であってもそのフリに答えないといけない。
    これに正しく答えられないと、すぐさまさんまから「ダメ出し」という名のツッコミが入る。ただ、これは逆に言うと、フリへの応答を失敗しても、さんまが「やらんかい!」あるいは「そうじゃないやろ!」などとツッコむことで笑いを生み出せるということなのである。

    さんまの強みは、ボケよりもむしろ、この何でも拾えるツッコミの能力にある。

    さんまが周囲によくフるギャグは、村上ショージが作ったような、単体ではしょうもないものの方が多い。これをフり続けていると、早晩飽きられて笑いが起きなくなるというのはさんまもよく分かっている。だからこそ、2,3回目にはギャグをわざと失敗するだとか、フリをスカすだとかいうパターンをきちんと(セオリー通りに)入れ込んでくる。
    単体ではしょうもないギャグをよく用いるからか、「さんまの笑いはワンパターン」と時折言われることがあるが、そんなことはない。同じギャグでも、上記の通り「はずし」や「パターン変え」を入れて違う種類の笑いを盛り込んでいるのである。
    そして、こういう「はずし」や「パターン変え」を堂々と要求するのは、さんまがそれに対してすぐさま的確なツッコミを入れられるからである。だからこそ、周りに素人しかいなくても笑いを生み出せる。さんまのフリにプロのようにうまく応答できなくても、さんまがその点をツッコむことで笑いが生まれるからである。
    素人の方もさんまにツッコまれると嬉しいので、それを実現するために自ら頭を使って色々とボケを入れ込んでくるようになる。そうなると、連鎖的に笑いが広がっていく。
    「素人と絡んでおもしろいのがさんま」と言われる所以である。だからこそ、「恋のから騒ぎ」「明石家サンタ」「あっぱれさんま大先生」など、素人(無論、タレント崩れみたいな人も一部混じってはいる)と絡む人気番組がたくさんあるのだ。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    彼のようにしゃべれる男が、今どのくらいいるのでしょう?
    「言葉のコミュニケーション」が必要なくなってきた便利すぎる世の中において
    彼のコミュニケーション術から学ぶべきところは、いっぱいあるのではないでしょうか。

    尊敬という思いとは違った、「無くすと寂しい」存在です。

    他人の引き出しを開けさせる名人芸を持った「言の葉泥棒」ですね。

    • 2018/4/28
    • hyakkinman