宮崎県東臼杵郡門川町のQ&A

  • 締切済

    質問幸森家の家紋を調べています

    • 2005/3/7
    • mockingbird

    こんにちは。
    父方である幸森家の家紋を調べています。
    父は宮崎県東臼杵郡門川町の出で、姓を幸森(ゆきもり)と言います。父は結婚後、母方の地元で生活し、私も母方の地元で生まれ育ちました。
    父方とはかなり疎遠で、父方の祖父とは私が幼稚園時代に一度逢ったきりで、諸々の事情から現在は全く音信不通です。
    父に家紋を聞いたところ、「丸に十の字と教わった」とのことでしたが、丸に十の字と言われてもいくつかありますし、丸に十の字が本当なのかもわかりません。
    現住所が東北地方のため、墓を調べに行くのも難しく、図書館やネットで調べても判りませんでした。
    姓が同一であるから家紋が同一であるとは限らないことは重々承知していますが、そんなに多くない姓だと思うので参考にできると思うのです。
    皆様のお力をお借りしたく書き込みました。よろしくお願いします。 

    続きを読む

  • 回答

    • 2005/3/9
    • noname#113260

    こうなりますと戸籍を辿ることになります。
    一応法律では80年間の保存が決められてますが、多くの自治体はそれ以上の年月の資料があります。
    まず父親の戸籍を取り、それから順に前の代の戸籍を取っていけば、巧くすると明治5年頃まで遡ることも可能です。
    郵送でも応じて貰えますから、系図の調査をしたい旨、請求目的と送付先を書いて、署名捺印した書類に、請求に要する費用に見合う郵便為替を添えて申し込めば、東北からでも可能です。
    この程度でも4~6代前までは遡れます。
    これ以上になるとどうしても現地調査が必要で、専門の調査業者もいますが、100万円近くかかるので、こうなると戸籍で調べておいて、GWにでも現地へ行ってみるのがよいかと思います。
    尚、寺の過去帳もよい資料ですが、家毎ではなく死んだ日時で分けてあり、明治以前は姓も書いてない場合が多いので、住職さんの協力が無いと自分の祖先を見つけるのは非常に難しく煩雑な作業で、住職によっては燃えたことにして断る方もいるようです。(多くは事情を話すと協力してくれますが)
    私の知り合いも非常に苦労してルーツを調べました。

    続きを読む