• 締切済

    質問「小串」と「川棚」について

    • 2012/10/14
    • meimio

    山陰本線に小串-川棚温泉という駅が並んでおり、また大村線にも小串郷-川棚という駅が並んでいます。

    これは偶然とは思えないのですが、「小串」と「川棚」という地名が隣り合わせに存在するいわれというのがあるのでしょうか?

  • 回答

    • 2012/10/14
    • kuma-gorou
    • ベストアンサー

    地名の由来を辿っていくと、地形や人為的に造成されたもの(埋田⇒梅田・○○新田など)が多いと思いませんか?
    例えば、津・泊・浦は、船の停泊地で、「博多」は、遠賀川の河口洲に多くの船の停泊地が有った事から泊多が訛ったとも言われています。

    調べると、西日本には、「串」の付く地名が多いようです。
    串は、地形が海に飛び出した岬や半島の意味で、小串は小さな岬と言う意味のようです。
    鹿児島市瀬々串・佐賀県唐津市串・愛媛県西予市宮ノ串・大分県佐伯市猪串・熊本県津奈木町合串・長崎市野々串・長崎県南島原市串・川棚町小串、山口県下関市小串・岡山市小串・広島県江田島市切串・和歌山県串本町などがあります。
    また、内陸部の場合は、傾斜地を表すようです。
    高知県四万十町平串・愛媛県愛南市亀ノ串・伊予市串・宇和島市奥高串・長崎県鹿町町長串・佐賀市大串・山口県岩国市宮ノ串・山口市串など

    川棚もNo2氏の説明で頷けると思います。
    ですから、偶然とは言え、由来を辿ると、案外共通点が有るのかも知れませんね。

    続きを読む

  • 締切済

    質問夏合宿をやった事のある場所、教えて下さい。

    • 2012/5/20
    • yuhobikagold

    夏合宿を行う場所を探しています。
    日本国内ならどこでも構いませんので、教えて下さい。

    部活・サークル、体育会系・文化系、何でも構いません。
    現役の生徒・学生でも、卒業生でも誰でも結構ですので、夏合宿をやった事のある場所を教えて下さい。

    関東の学生は、軽井沢、山中湖、湯沢、白子、菅平、などで合宿をしますが、日本全国でどこか有名なところがあったら教えて下さい。

    ※何県何町のどこどこ、というようになるべく具体的に教えていただけたら助かります。(覚えている範囲で結構ですので)

    続きを読む

  • 回答

    • 2012/5/20
    • masa-u

     広島県江田島市にある「国立江田島少年交流の家」へ行ったことがあります。(両親の出身地なので…)
     呉市から橋を渡って島伝いに車で行き来できますが、国立江田島少年交流の家から呉市まで距離があるので公共交通機関が止まる夜になると島の外に出るのは車かバイクが無いと不可能に近いです。
     周囲に飲食店や飲み屋が無く、「夜にどこかへ遊びに行く」というのも難しいので逃げ出したくなるかもしれませんが島なので逃げ出すわけにもいかず、真面目に合宿をすると思います。

    「国立江田島少年交流の家」のURL(パソコン用)を書き込んでおきます。

    http://etajima.niye.go.jp/

    参考URL:http://etajima.niye.go.jp/

    続きを読む

  • 締切済

    質問海上自衛官になりたい

    • 2011/5/3
    • sorijitaon

    僕は、海上自衛隊に入って、制服組になりたいのですが、船酔いします。
    どうすればなおりますか??
    博多-釜山の高速船ビートルでも20分で酔います。

  • 回答

    • 2011/5/3
    • masa-u
    • ベストアンサー

     船酔いはある程度は船に乗ってなれるようにして船の揺れに慣れるしかないです。
     No1の回答者さんの「お礼」を読んだところ「海自の船は大きいのだけ」と思われている節がありますが、海上自衛隊は基準排水量が500トン以下の規模の小さい船もありますよ。
     ミサイル艇のはやぶさ型「わかたか」は基準排水量が200トンですし、特務艇「はしだて」や掃海艇うわじま型「とびしま」は基準排水量490トンです。
     それに「制服組になりたい」ということは「いずれは幹部クラスになりたい」ということですよね。
     広島県江田島市に「第一術科学校」という幹部になるひとを養成する学校があるのですが、年に何度か「カッター訓練」という手ごきボートで近隣の島へ行って戻る訓練があります。
     「海上自衛隊=大きい船ばかり使っている」と思っていると痛い目に合いますよ。

    続きを読む