• 締切済

    質問福井県敦賀市周辺の宿を探しています

    • 2017/3/6
    • mig15fagot

    10年以上前のことになるのですが
    当時敦賀近辺にあった
    夕食が、囲炉裏のようなものを囲んで
    その囲炉裏で、いろんな海の幸を焼いて食べるスタイルの夕食だった宿がありました

    もう一回あの宿に泊まって
    あの夕食を食べてみたいのですが

    あのようなスタイルの夕食を食べさせてくれる宿は
    今でも敦賀近辺にあるでしょうか?

  • 回答

    • 2017/3/6
    • エバー

    観光協会に確認したら良いと思いますが。

  • 締切済

    質問お釈迦さまと神さま

    • 2016/2/15
    • ぼんたん

    先日、東寺の五重塔の内部見学をしました。そのとき、「昔は紙や木造建築ばかりだったので、火が最も恐れられており、水を司る龍神の絵が描かれた」という説明がありました。
    そういわれてみると、ガイドブックでもお寺に所蔵されている龍神や風神雷神の絵画が紹介されています。

    龍神などは日本のアニミズム信仰であるような印象を持っていましたが、こういった日本における土着の信仰と仏教の融合(この表現が適切であるかは分かりませんが)は何時ごろから見られ始めたのでしょうか?

    続きを読む

  • 回答

    • 2016/2/16
    • 666protect
    • ベストアンサー

    仏教にも「八大竜王」などの信仰がありますから、竜神信仰は必ずしも、神仏習合とは結びつきません。仏教で言う竜王とは、インドの蛇神・ナーガのことです。ナーガは本来はコブラの姿ですが、中国では竜と同一視され、そのまま日本へ伝わったようです。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%BC …

    神仏習合(少なくとも、本格的なそれ)は、神社に付属する仏教寺院(神宮寺)が置かれたことに始まると思っていいでしょう。記録が確認できる最古の神宮寺は、715年に創建されたという気比大社の「気比神宮寺」(福井県敦賀市)です。同じくらい古いとされるのが、剣神社(同県越前町)と若狭彦神社(同県小浜市)の神宮寺ですから、福井県は神仏習合の先進地域だったようですね。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%A3%E6%AF%94 …
    ほかには宇佐神宮(大分県宇佐市)も、725年に神宮寺を設け、781年ごろから祭神を「大菩薩」と称するなど、神仏習合が盛んでした。

    これらは8世紀の事例ですが、『日本霊異記』によれば、備後国三谷郡(ほぼ広島県三次市)の郡司が7世紀、「諸神祗(神々)のために」三谷寺を建てたそうです。神のために、神社ではなく寺を建てたのですから、これも神仏習合の一例と考えられています。この記録が事実なら、神仏習合は7世紀には、すでに始まっていたと言えるでしょう。
    http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/b_jinguji.htm

    続きを読む

  • 締切済

    質問福井県敦賀市付近の堤防釣り冬時期の成果

    • 2015/11/15
    • hasiyan1

    福井県敦賀市付近の堤防釣り冬時期の成果について教えてください。

    秋ならばアジがよく釣れるようですが、12月に入っても釣れるのでしょうか?
    他に、12月に入って釣れる魚はなにがありますのでしょうか?
    少しだけでも食べたいと考えております。

    また、12月時期で最適な釣り時刻を教えてください。
    早朝6~7時 昼間12時 夕方16時など・・

    よろしくお願いいたします。

  • 回答

    • 2015/11/15
    • Nisson

    12月でも釣れます、寒波がくるまでは
    水温が15度までなら釣れます

    >他に、12月に入って釣れる魚はなにがありますのでしょうか?
    ハネ、スズキ、ボラ、ガシラ、アブラメ、メバル、タコ、イカなど

    >また、12月時期で最適な釣り時刻を教えてください。

    朝4時~夕方17時まで

    続きを読む

  • 締切済

    質問アジ釣り、サビキつりの仕掛けについて教えてください。

    • 2015/11/15
    • hasiyan1

    アジ釣り、サビキつりの仕掛けについて教えてください。

    webにて、竿、リール、仕掛けを調べております。
    大まかなことを教えてください。
    場所は、福井県敦賀市の海、防波堤などを検討中です。
    1.リールは一般に必要でしょうか?
    2.サビキ釣りということでエサかごに複数の針をつけるようです。
      針は戻しのついたものでしょうか?
      一般このサビキ釣りはかごからでてくるエサに集まった魚が
      針に引っかかるということでしょうか?

    以上

    続きを読む

  • 回答

    • 2015/11/19
    • nyosuke

    リールはあった方が便利です リールなしで例えば3.6mの竿で釣るとします
    竿下を釣るとしても深さ4m位までが限度です 魚は活性の高さにより泳ぐ深さが
    違います 活性の低いときは深いところにいて活発に餌をあさることもあまりありません
    がリールがあれば糸を出せるので深い場所も探れ遠いポイントも探れるので有利なことは
    間違いありません 

    さらにリールには便利な機能があります 大物が掛り糸が切れそうなときリールがなければ
    そのまま糸が切れてしまいますが、リールにはドラグという装置(?)がついていて
    このドラグを調整することにより糸切れを防ぐことができ大物を釣り上げることができます
    リールはあったほうがいいです
    スピニングリールでナイロン3号100m位巻けるものがちょうどいいと思います
    スピニングリールはかなり性能が向上しておりダイワやシマノの5~7千円くらいのもので
    十分です

    針の返しについてですが返しはほとんどのはりについておりサビキにももちろん付いています
    魚のバラシを防ぐ機能なのであったほうがいいと思います
    サビキには針に薄いビニールのようなものがついていてコマセ(アミ)を撒いてこの偽の餌に
    食いつかせるようになっています あくまでも疑似餌なので生きているように動かしてアピール
    することが大事です
    少し動かして少し止めます でまた動かします これをくりかえすのですが
    止めた瞬間に魚は餌に逃げられまいと食ってきます
    ・・・・とはいってもあくまでも偽物なのでほんものの餌にはかないません

    これからは水温が下がるのでアジなどは釣れにくくなります
    釣具店などで情報を得るのが釣果につながるものと思います

    続きを読む

  • 締切済

    質問葉加瀬太郎がこの芸名にした理由は

    • 2015/9/28
    • acetabularia

    博士の古代読みを何故使うのか不思議です。
    博士課程中退なのかな。

  • 回答

    • 2015/9/28
    • ddeana

    名字由来ネットによると、全国に葉加瀬姓は30人おります。
    そして、「瀬」は流水が浅く流れているところを表していて、京都などで伝統的に見られる名前とのことです。
    http://myoji-yurai.net/m/searchResult.htm;jsessi …

    また、日本姓氏語源辞典によると、京都府京都市が発祥で、福井県敦賀市蓬莱町で雑穀、魚肥を扱っていたと伝えられるとあります。
    http://blog.livedoor.jp/namepower/archives/12396 …

    江戸時代以前からあったかどうかについてはみつけられませんでした。いずれにせよ、これは芸名でなく本名ですから、博士の古代読みではないと考えます。

    続きを読む