• 締切済

    質問被害届と告訴状の違いを教えてください。

    • 2018/6/1
    • まな知

    日大前監督・前コーチを告訴、選手は含まず 関学選手側
     2018年5月31日13時07分
     アメリカンフットボールの定期戦で日本大の選手が関西学院大の選手に悪質なタックルをして負傷させた問題で、関学大の選手側が31日、日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチに対する傷害容疑での告訴状を警視庁調布署に提出し、署が受理した。告訴の対象にタックルをした選手は含まれていないという。捜査関係者への取材でわかった。
     捜査関係者などによると、告訴状はタックルをした選手の減刑を求める嘆願書6348通とともに提出された。この問題では、関学大の選手側からの被害届を受けて、試合会場の所在地の東京都調布市を管轄する同署が捜査している。被害届は犯罪の被害にあった事実を申告するものだが、告訴は事実の申告に加えて犯人への処罰を求める意思を示す手続きとなる。

    被害届も、犯罪の被害にあった事実を申告すると同時に、処罰を求めます。という内容のものだ。聞きました。
    質問です。
    「被害届と告訴状」出す側としての手間や内容などは同じで、最初の始まりが「被害届」と称して始まるか、「告訴状」と称して始まるかの違いですか?
    (受理する警察としては、被害届は警察の一存で終わりにできるが、告訴の場合は受理したら検察庁に報告義務があるので面倒らしい)

    続きを読む

  • 回答

    • 2018/6/1
    • rfhjegy

    被害届けは犯罪事実の届けで捜査義務はなし、告訴状は処罰感情ありで捜査義務も発生します。

    届けは容易に受理してくれますが、告訴状は検挙率に関わるので内容の不備やら何やらを理由に簡単には受理してくれず 弁護士に依頼しないと受理自体が難しいそうです。

    続きを読む

  • 締切済

    質問斉木と言う名字のルーツが何か知ってる方いたら教えて頂きたいです。無知ですみませんm(_ _)m

    • 2018/3/31
    • winston03

    斉木と言う名字のルーツが何か知ってる方いたら教えて頂きたいです。無知ですみませんm(_ _)m

  • 回答

    • 2018/3/31
    • born1960

    https://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKa …
    清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)(現山梨県である甲斐)、平氏(現福島県西半部である岩代)、賀茂氏などにもみられる。挙母藩、赤穂藩、現新潟県である越後、現岐阜県である美濃にもみられる。

    https://name-power.net/fn/%E6%96%8E%E6%9C%A8.html
    ①西木の異形。島根県邑智郡邑南町市木の市木神社を737年(天平9年)に創建した際に大分県宇佐市南宇佐の宇佐神宮で西木(サイキ)姓を称していた神主が西より「斎」が神主にふさわしいとして改姓したと伝える。東京都調布市西つつじケ丘での伝承。西木ニシキ参照。山梨県北杜市武川町牧原に安土桃山時代にあった。埼玉県川越市砂に江戸時代にあった。

    ②佐伯の異形。島根県西部(旧:石見国)での伝承。東京都墨田区八広では明治新姓時に佐伯姓から改姓したと伝える。佐伯サエキ参照。

    ③コリア系。事物。崔の日本音のサイに「斎」を使用して「木」を追加。大阪府大阪市東淀川区で1952年10月7日に帰化の記録あり。本姓は崔。崔サイ参照。

    続きを読む

  • 締切済

    質問JAXAは何をしているところなのですか? 分かりやすくお願いします。

    • 2018/2/21
    • 太朗ノ太郎

    JAXAは何をしているところなのですか?
    分かりやすくお願いします。

  • 回答

    • 2018/2/21
    • gimei_yamada

    国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、英称:Japan Aerospace eXploration Agency,JAXA)は、日本の航空宇宙開発政策を担う研究・開発機関である。内閣府・総務省・文部科学省・経済産業省が共同して所管する国立研究開発法人で、同法人格の組織では最大規模である。2003年10月1日付で日本の航空宇宙3機関、文部科学省宇宙科学研究所(ISAS)・独立行政法人航空宇宙技術研究所(NAL)・特殊法人宇宙開発事業団 (NASDA) が統合されて発足した。本社は東京都調布市(旧・航空宇宙技術研究所)。報道では宇宙開発機構、宇宙航空機構などの略称が用いられることもある。

    続きを読む

  • 締切済

    質問「空港」という言葉の歴史

    • 2018/2/2
    • koreha445

    「空港」という言葉を何気なく使っていますが、この言葉って最近出来たはずですよね?
    飛行機自体が昔はなかったと思うので・・・
    そこで「空港」という言葉はどういう経緯で、また誰が作ったか、知っている方いますでしょうか?

  • 回答

    • 2018/2/2
    • kantansi
    • ベストアンサー

    戦前、日本に空港という名の施設はなく、東京国際空港は「東京飛行場」、大阪国際空港は「大阪第2飛行場」などすべて飛行場という名称でした。 それが戦後、米軍の接収を経て運輸省(現国交省)の所管になった時、管理や費用の負担などについて定めるため多くの飛行場が空港整備法の第1種~第3種空港に分類され「○○空港」に改称されました。
    しかし、滑走路の長さが1200メートル未満か、あるいは定期便が就航していない規模の小さな飛行場や旧日本軍の基地だった飛行場、近隣に他に第1種~第3種空港がある場合は空港整備法第2条の対象外となり、戦前の「○○飛行場」という名称のまま取り残されました。 百里飛行場や美保飛行場、調布飛行場(東京都調布市)など、このとき「空港」になれなかった飛行場が今も「○○飛行場」という名称で登録されています。
    上記の通り、日本に「空港」ができたのは戦後ですが、「空港」ということば自体は戦前からありました。 古くは1932年刊行の「現代語大辞典」にエアポートを空港とする解説が写真付きでみられます。 しかし、その当時の新聞では「飛行場」「空港」を区別しておらず、違いはみられません。 東京飛行場を出発した民間航空機が空中衝突事故を起こした38年、当時の東京朝日新聞は原稿の中では「羽田飛行場」としていますが、見出しでは「羽田空港初の惨事」と書いています。 その前年の中外商業新報(現日本経済新聞)でも米国で発生したドイツの飛行船の墜落事故を報じる記事で原稿中は「レークハースト飛行場」としながら見出しでは「レークハースト空港」と打っており、飛行場と空港を同じことばとして使っています。
    戦前は飛行場と空港に違いはありませんでしたが、戦後、空港整備法によって「空港」が「飛行場」から区別されたことによって、規模の大きな「空港」と小さな「飛行場」というイメージが醸成されていったようです。

    続きを読む

  • 締切済

    質問木村拓哉 事故

    • 2017/6/21
    • mak-nak

    木村拓哉の事故の件です。

    事故現場
    → 東京都調布市仙川 2 の 5 の 1
    仙川2丁目交差点

    見た限り、比較的広目の場所。

    考え事をしていたという事なので、かなり…
    本人にしか分からない事ですが、元メンバーの事なのでしょうか?
    飲酒?薬?
    とかも、考えてしまいました。

    勝手な憶測ですが、皆様は、どう思われますか?

  • 回答

    • 2017/6/21
    • merciusako

    ただボーッとしてただけでしょ。

    事故る時ってそんなもんですよ。

  • 締切済

    質問木村拓哉 このタイミングで追突事故

    • 2017/6/20
    • sorama

    木村拓哉 このタイミングで追突事故。

    東京都調布市仙川で、 オートバイに追突。
    オートバイは、その前の車に追突。

    なんてこったい〜〜って思ったのは、自分だけでしょうか?

  • 回答

    • 2017/6/20
    • shinozuka

    木村拓哉 契約問題は契約問題、事故は事故、男の人生にはそのぐらいのことは往々にしてあり得る、
    にもかかわらず、世間はとかく二つの状況に因果関係を考えてしまう、浅墓なことだと思ったな。