• 締切済

    質問倉庫の屋根はなぜ青い

    • 2016/11/3
    • TodaIchiro

    Googleマップを見ていて気付いたことがあります。
    倉庫の屋根がなぜか青(水色)のものが多いのです。
    何か理由があるのでしょうか?
    地域によっても違いがあるのでしょうが、わたくしが見ていた埼玉県戸田市は、ほぼほぼそうなっていました。
    ご存知の方教えてください。

  • 回答

    • 2016/11/10
    • mojitto

    色褪せしにくいから。

    注意書きの看板だって、肝心の赤や朱色が劣化してしまって、何を注意しているのか、何曜日にゴミが出せるか分からなくなっているもの、ありますよね?

  • 締切済

    質問就職希望先の研修のため、埼京線戸田駅近辺に11月の1か月滞在予定ですが、その間の住まいを探しています

    • 2015/10/20
    • te2ro123

    福岡にある専門学校2年生の息子の件です。卒業まで半年を切り、就職希望先での研修に1か月参加したいとのことです。会社は埼京線戸田駅付近にあるようですが、親の私も長崎の離島在住で東京・埼玉に知り合いもなく、その間の住まいを探しています。戸田駅への通勤(?)圏30分ぐらいの場所で、お安く1か月近く滞在できる施設もしくはアイデア等あればと思い質問させていただきました。どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 回答

    • 2015/10/20
    • mirukudesu

    ごめんなさい、長崎からですね。
    埼玉県川口市や東京都北区赤羽そして勤務地である埼玉県戸田市あたりでウイークリーマンションを探すか、安い旅館で連泊割引交渉を。

  • 締切済

    質問文化放送を長野で聞きたいのですが…。

    • 2014/6/28
    • natsu0772

    『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』
    と、
    『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~stories~』
    を長野県(中部)で聞きたいと思っているのですが、ラジレンジャーの方が聞けません(DGSはまだ未確認です)。

    ラジレンジャーの前の放送、『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』は聞けました。ですが次に始まったのは別の番組でした。
    ツイッターなど調べてみるとその回の放送の感想などがあったので、その日は放送されていない、ということもなさそうです。


    長野県では聞けないのでしょうか。それとも、私の聞き方(?)みたいなのが違うのでしょうか。
    動画でアップされるみたいですが、どうしてもリアルタイムで聞きたいです。


    回答よろしくお願いします。

    続きを読む

  • 回答

    • 2014/6/28
    • y-y-y

    長野県の中部に住んでいます。

    文化放送は、AMラジオ周波数1134kHzですが、送信塔は東京近辺ですね。
    質問にある二つの番組ですが、深夜の放送時間ですね。

    『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』 
    放送時間 毎週金曜日24:30~25:00(土曜日午前00:30~01:00)
    https://www.google.co.jp/#q=%E6%96%87%E5%8C%96%E …

    『神谷浩史・小野大輔のDear Girl~stories~』
    放送時間 毎週土曜日25:00~25:30(日曜日午前01:00~01:30)
    https://www.google.co.jp/#q=%E6%96%87%E5%8C%96%E …

    既回答でネットラジオ等で聞くことが出来ないとのことで、実際に、いま、車のAMラジオで聞いてみましたが、昼間は聞こえません。

    私の過去の経験からの回答です。
    夜になると、東京のNHKと民放のAMラジオは、ほとんど全部が、放送塔の出力は強いし、地球の電離層の夜間の変化で遠くが聞こえる様になります。
    電離層の変化によって、日本中のAMラジオや、海外のAM放送も聞こえるので、AM放送は日本語・外国語が入り乱れたり、混信したりでにぎやかになります。(フージングの現象で、聞こえ方がいろいろと変化する)

    フェージング
    https://www.google.co.jp/#q=%E3%83%95%E3%82%A7%E …

    ------------------------

    私は、昭和40年代後半から、50年半ばまで、趣味のアマチュア無線をしたり、各地のAMラジオ・FMラジオのリスナーもしていたので、AMラジオ放送の昼間と夜間の聞こえ方の変化に、当初はビックリしたほどです。
    ラジオは、普通の市販のトランジスタラジオで、東京の民放各局を聞いていたのが懐かしく思います。
    トランジスタラジオでは、受信能力が少し弱いので、少しボリュームを大にしましたが、車のラジオでもボリュームは大にしたほうがいいでしょう。

    夜間、長野県で聞こえる、東京のAMラジオ局
    「TBSラジオ」 周波数954kHz  現在の送信塔所在地は埼玉県戸田市氷川町(戸田競艇場北対岸)  現在の出力100kw
    「文化放送」 周波数1134kHz  現在の送信塔所在地は埼玉県川口市赤井(円通寺南隣)  現在の出力100kw
    「ニッポン放送」 周波数1242kHz  現在の送信塔所在地は千葉県木更津市椿(JR東清川駅北方)  現在の出力100kw
    「NHK第一東京」 周波数594kHz  現在の送信塔所在地は埼玉県久喜市菖蒲町三箇(久喜市営球場西方)  現在の出力300kw
    「NHK第二東京」 周波数693kHz  (現在の送信塔所在地はNHK第一と同じ)  現在の出力500kw

    続きを読む

  • 締切済

    質問うつ病を患い8年が経ち、障害年金の受給を考えてい

    • 2014/4/3
    • mickyclub

    「障害認定日による請求」を行いたいのですが、途中、転院しており初診・障害認定日である
    前病院では、主治医だった医師が辞めており、診断書が書けない。

    障害認定日による請求をするために、何かいい方法はありませんでしょうか?
    事後重症による請求は、現在の主治医が書いてくれるとのこと。

    お知恵をお貸しください。
    1.病名 うつ病
    2.受信状況等証明書 入手済 初診年月日 平成17年7月5日 前医からの紹介無
    3.終診年月日 平成19年6月16日
    4.カルテの状況 カルテは永久保存としている(今の所)
    5.障害認定日の診断書 現在該当主治医だった医師が辞めているため、診断書を作成することが出来ない
    6.街角の年金相談センターに相談 診断書がなければ障害認定日による請求はできない。ネットで調べて専門の社労士さんに相談してみては。
    7.障害手帳は持っていません 今回申請する予定です。
    8・自立支援医療受給者証は持っています

    以上のような経緯です。
    やはり、高い報酬を払って社労士さんにお願いをするしか方法は無いのでしょうか?
    自分で出来ることは無いのでしょうか?

    足りない内容がありましたら、追記いたします。
    所在地は、埼玉県戸田市です。

    もし自身で出来ることがない場合には、おススメできる社労士さんがいましたら
    ご紹介ください。ネットで検索すると沢山出てきますので選びかねています。

    補足
    うつ病発症時点で、厚生年金に加入ており、病気退職する際に妻の扶養となっています。
    妻は厚生年金で、お互い未納はありません。

    続きを読む

  • 回答

    • 2014/4/3
    • kurikuri_maroon

    障害認定日による請求を行ないたいのであれば、
    障害認定日(原則として、初診日より1年6か月経過後)の後3か月以内の
    実診察時(この日を「診断書現症年月日」という)の病状について、
    当時に実際に診察にあたった医師に記していただかなければなりません。
    これは、障害年金用診断書が医師法第20条による書類に当たるためであり、
    実際に診療にあたっていない医師が記す、といったことは許されていません。

    したがって、法定保存年限(5年)の経過によって廃棄されてしまったときや、
    廃院や医師交替・医師死亡などで当時の医師からの証明がなし得なかった場合には、
    障害認定日を診断書現症年月日とした診断書は、用意することができません。

    しかしながら、当時受診した医療機関がいまも存続しており、
    かつ、当時の診療録(カルテ)が現存している場合に限っては、
    その医療機関がいまも管理し続けている診療録に関する記載事項証明という形で、
    後任の医師から障害年金用診断書を発行していただくことができます。

    その際には、当時の診療録の内容に沿って記入していただき、
    診断書用紙の「上記のとおり診断します」を二重線を引いて抹消した上で、
    その二重線の上に後任の医師の個人印を押印し、
    「上記のとおり、診療録に記載されていることを証明します」として下さい。

    このようにすると、障害認定日による請求としての障害年金用診断書は、
    一応、年金事務所に受理していただくことが可能です。

    障害認定日より1年以上経過してからの請求(遡及請求)となるため、
    併せて、事後重症請求用の障害年金用診断書と、
    請求事由に係る申立書、請求遅延の理由書が必要になるはずですから、
    その旨を、必ず年金事務所に確認したあとで請求に臨んで下さい。

    なお、事後重症請求用の障害年金用診断書については、
    請求日(窓口提出日)から逆算して、
    診断書現症年月日(いまの医師の実診察を受けた直近の日)が
    必ず、請求日の前3か月以内の日時となっているようにして下さい。

    いまの医師からは、前記の「障害認定日」による診断書は書いていただけません。
    あくまでも「事後重症」による診断書のみです。

    ◯ 請求事由に係る申立書
    「障害認定日請求による請求」とする旨を申し立てるとともに、
    その形での請求が通らなかったときには「事後重症請求」として審査してほしいと、
    その旨を申し立てる書類です。

    ◯ 請求遅延の理由書
    請求が遅延したことによって、支分権(実際に受け取れる権利)が時効消滅し、
    障害認定日による請求であっても、現在から過去5年前までの分しか
    受け取ることができません。
    その旨を了承するとともに、請求が遅延してしまった理由を記す書類です。

    初診証明(受診状況等証明書)については、取り扱いは変わりません。
    また、初診日や障害認定日の日付そのものも動きません。
     

    続きを読む