• 締切済

    質問頭痛での質問です。

    • 2013/9/4
    • ntk_55

    今現在19歳の女子短大生です。

    小学生のころから頭痛持ちで、良く偏頭痛に、なってました。
    頭痛は珍しいわけではないのですが、最近はあまりなっていませんでした。

    朝方になると、チクチクっと左の上の方が痛み目が覚めます。そのあと圧迫されるように頭が重くなります。

    最近ストレスも多く、実家暮らしなのですが、母親と喧嘩ばかりしてます。ADHDなのかもしれないと母親に言われましたが、頭痛とADHDは関係ないと自分は思ってます。

    実際どうなのかはわかりませんが、知ってる方が居りましたらお願いします。

    *付足*最近、髪の毛が尋常じゃないくらい抜けます。生活リズムはきちんとしてますし、食生活もきちんとしてます。

    続きを読む

  • 回答

    • 2013/9/6
    • Knotopolog

    >小学生のころから頭痛持ちで、良く偏頭痛に、なってました。

    頭痛とADHDの関係は,私にも,はっきりは分かりません.それよりも,まず,頭痛を徹底的に治療して,頭痛を治す事に専念される事をお勧めします.

    実は,私も約50年もの長期間,片頭痛に悩まされましたが,最近,治りました.

    頭痛の治療は,最近,非常に進歩しています.今では,頭痛の治療を「頭痛外来」という頭痛専門の医療機関で頭痛専門医が治療にあたっています.

    下記のサイトに,全国の「頭痛外来」が紹介されています.この中からお探しになり,頭痛専門医の治療をお受けになられるのが最良でしょう.

    ▲ 頭痛外来と頭痛の病院
    http://zutuugairai.livedoor.biz/

    頭痛は,頭痛専門医により根本的に治療すれば,必ず完治(緩解)する時代になりましたから,頭痛には是非,頭痛専門医の治療をお受け下さい.

    頭痛専門医以外の内科,外科,整形外科,耳鼻咽喉科,脳外科,脳神経内科など,頭痛治療を目的としていない医療機関で治療を受けても,頭痛そのものの根本的な治療にはなりません.これは私の永年の経験による結論です.

    質問者さんのプロフィールを見させて頂きましたら,群馬県にお住まいですので,群馬県内の「頭痛外来」を列挙しておきます.
    ------------------------------------------------
    ◆ みゆきだ内科医院・神経内科
    ★ 住所:群馬県渋川市行幸田342-9
    ★ 電話: 0279-60-6070
    ★ 診療時間:9:00~12:30 15:00~18:00
    ★ 休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝祭日
    ★ 診療科:神経内科
    ★ 頭痛専門医 : 吉田 敏彦
    ------------------------------------------------
    ◆ (財)脳血管研究所美原記念病院・脳神経外科
    ★ 住所:群馬県伊勢崎市太田町366
    ★ 電話: 0270-24-3355
    ★ 診療受付時間:月~土 AM8:30~AM11:30
    ★ 休診日:日曜・祝日・夏季1日(当院指定による)・年末年始
    ★ 診療科:脳神経外科
    ★ 頭痛専門医 : 赤路 和則
    ------------------------------------------------
    ◆ 前橋赤十字病院・神経内科
    ★ 住所:群馬県前橋市朝日町3-21-36
    ★ 電話: 027-224-4585
    ★ 診療受付時間:初診・再診:午前8時30分~午前11時
    ★ 休診日:土曜日、日曜日、国民の祝祭日、病院創立記念日(3/23)年末年始(12/29~1/3)
    ★ 診療科:
    ★ 頭痛専門医 : 水島 和幸
    ------------------------------------------------
    ◆ (財)脳血管研究所美原記念病院・神経内科
    ★ 住所:群馬県伊勢崎市太田町366
    ★ 電話: 0270-24-3355
    ★ 診療受付時間:月~土 AM8:30~AM11:30
    ★ 休診日:日曜・祝日・夏季1日(美原記念病院指定による)・年末年始
    ★ 診療科:神経内科
    ★ 頭痛専門医 : 美原 盤
    ------------------------------------------------
    ◆ 公立七日市病院・神経内科
    ★ 住所:群馬県富岡市七日市643
    ★ 電話:0274-62-5100
    ★ 診療時間:午前9:00~12:00 午後2:00~ 5:00
    ★ 休診日:土・日曜日・祝日・年末年始
    ★ 診療科:神経内科
    ★ 頭痛専門医 :長嶋 和明
    ------------------------------------------------
    ◆ ふじえ内科医院・内科・循環器科・消化器科
    ★ 住所:群馬県高崎市上滝町321
    ★ 電話:027-352-7800
    ★ 診療時間:午前9時~12時30分、午後3時~6時30分
    ★ 休診日:日・祝日 木・土曜日午後★ 休診
    ★ 診療科:ー
    ★ 頭痛専門医 :藤江 正雄
    ------------------------------------------------
    ◆ 育生会篠塚病院北関東神経疾患センター・頭痛外来
    ★ 住所:群馬県藤岡市篠塚105-1
    ★ 電話:TEL:0274-23-9261  FAX:0274-24-1880 
    ★ 診療時間:月曜日~土曜日午前8:50~12:00
    ★ 休診日:日曜日・祭日
    ★ 診療科:頭痛外来
    ★ 頭痛専門医 :田中 真
    ------------------------------------------------
    ◆ 医療法人 高崎ペインクリニック 麻酔科
    ★ 住所:群馬県高崎市柴崎町1497
    ★ 電話:027-353-0900
    ★ 診療時間:
     月~土 9:00~12:00
     月・火・水・木・金 15:00~18:00
    ★ 休診日 土曜午後・日曜・祝日
    ★ 診療科:麻酔科
    ★ 頭痛専門医 :宮下 興
    ------------------------------------------------
    ◆ 群馬大学医学部附属病院 神経内科
    ★ 住所:群馬県前橋市昭和町3-39-15
    ★ 電話:027-220-7111(代表)
    ★ 診療時間:午前8:30~午前10:30
    ★ 休診・土・日曜日、国民の祝日、年末年始、その他臨時★ 休診
    ★ 診療科:神経内科, 火・木・金 午前
    ★ 頭痛専門医 :岡本 幸市 ・水野 裕司
    ------------------------------------------------
    以上です.
    優秀な「頭痛外来」に恵まれますよう願っています.

    続きを読む

  • 締切済

    質問群馬県藤岡市在住の方へ

    • 2013/8/18
    • bananan3

    8月15日の夜8時から9時頃まで、インターからみかぼみらいかん方面(鬼石方面)で花火大会が行われているのが見えたのですが、かなり遠く、ネットで調べてもどこの花火大会かわかりませんでした。もしわかる方がいらっしゃいましたらどこで行われている花火大会だったのか教えて頂けたら嬉しいです!

  • 回答

    • 2013/8/18
    • yuyuyunn
    • ベストアンサー

    こんにちは

    こちらでしょうか?
    http://blogs.yahoo.co.jp/tett169/31066818.html?f …
    順延になって15日でしょうか

  • 締切済

    質問関越ツアーバス事故、どのような判決が出ますか?

    • 2013/6/22
    • marvmkjd

    昨年起きた高速ツアーバス事故の初公判が開かれるようです。
    運転手は睡眠時無呼吸症候群の症状があると診断され
    無罪を主張するようですが、

    1.みなさんは、どのような判決が出ると思いますか?

    2.また、今後の裁判は何回ほど行われると思いますか?


    【毎日新聞】
    関越ツアーバス事故:初公判は7月23日 前橋地裁
    http://mainichi.jp/select/news/m20130606k0000e04 …

     群馬県藤岡市の関越自動車道で昨年4月に起きた高速ツアーバス事故で、自動車運転過失致死傷罪などで前橋地裁に起訴された運転手、河野化山被告(44)の初公判日程が7月23日に決まった。公判前整理手続きで弁護側が求めた鑑定で、睡眠時無呼吸症候群の症状があると診断されており、事故原因とされる居眠り運転との関係が主な争点になる見通し。事故では乗客7人が死亡、河野被告と乗客38人が重軽傷を負った。

    続きを読む

  • 回答

    • 2013/6/23
    • hirotn
    • ベストアンサー

    睡眠時無呼吸症候群の症状がある場合には、事故のリスクが高くなり、
    http://www.police.pref.chiba.jp/license/center/
    運転免許の相談を求める場合もあります。職業で運転免許を使うならばその責任はより高まるでしょう。

    これを免れるには、事故当時に病気を知らなかったことを証明出来る必要がありますが、記事からはそれは分からないですね。

    自動車運転過失致死傷罪ということなので、業務上過失のうち自動車運転に寄るものがこれにあたりますね。検察は運転者(被告)の過失を立証しようと考えているので、

    1.被害状況を鑑みて懲役求刑7年でそれより短くなるかと思います。

    2.裁判員裁判ならば一審7年も考えられ、控訴もありうると思っています。

    続きを読む

  • 締切済

    質問身近な歴史話を教えてください(伝説OK)

    • 2013/6/15
    • 108109

    私は浅学ですが、歴史好きです。
    私が歴史に興味を持ったきっかけは、先祖が「織田家」の出入り商人だったことからです。
    私は尾張地方に住んでおり、すぐご近所に「織田さん」(子孫の方)がお住まいです。
    この家に出入りするために、先祖は近くに居を構えたそうです。

    子どもの頃は、話半分に聞いていましたが、ご近所の織田家から古文書が見つかり、
    NHKが取材に来ました。その古文書に我が家のことが、少しだけ書かれていたらしく、
    家にも取材班が来ました(徒歩3分なのでついでだったんでしょう)。もう30年以上昔の話です。
    父が張り切って眼鏡も服も新調して取材に応じましたが、ニュースではカットされていました(笑)。

    それで法螺話と思っていた「織田家出入り説」が本当だとわかり、
    その他の我が家伝説が、多少信憑性を帯びて来ました。
    千利休に直接お茶を習ったとか習わないとか。
    利休さんも堺商人ですから、商人仲間として茶席に同席させてもらう機会くらいは
    万が一にも、あったかもしれません(そう考えた方が楽しいです)。

    我が家では、お茶の作法は当主から当主に伝え、外に習いに行くことはありません。
    (実際は文化センターとかにも習いに行きますが、参考にする程度で我流優先です)。
    それは「利休さんに直接習ったから、他で習う必要なし」という、結構むちゃくちゃな理由です。
    ま、自分流の方が楽ですし、お金もかからないので商人らしい合理性ではありますが。

    我が家は、何代も前に跡継ぎが途絶え、養子が跡を継いで、さらに私の父も夫婦養子ですので、
    実際に織田家と交流があったご先祖とは、もう血のつながりは全くありません。

    しかし、私が習った自動車学校の教官は「木曾義仲」の直系の木曾先生でした。
    木曾先生には学科を習いましたが、なぜか1時間丸ごと「木曾家」にNHKが取材に来たビデオを
    見せられました(木曾先生が、家系図や古文書などを記者に見せて説明していました)。

    車校でこんなことやってていいのかな?と疑問に思いつつも、私は結構楽しく拝見しました。
    (他の生徒は寝てました)。木曾先生は着物をお召しになって堂々と取材に応じておられ、
    ニュー眼鏡まで用意して、親戚に電話しまくった挙げ句、カットされた父とはエライ違いでした(笑)
    今年、父の3回忌を迎え、ふと当時張り切っていた姿を懐かしく想い出しました。

    この手のお気楽伝説や、お知り合いにこういう方がおられます、みたいな話を、
    よろしければお教えください。尾張地方はこういう伝説の宝庫です。

    続きを読む

  • 回答

    • 2013/6/16
    • reflector

    富士高天原王朝の実話。

    次期国王候補が産まれ育つ聖域があります。
    場所は、某県某市某神社の裏手にあるところです。
    シンボルは、鶴と亀の遺跡です。現在崩落しており、見た目は違う形状になっています。
    そこに出産間近の各族長夫妻が訪れ、子供を出産、ある年頃まで親子で過ごし、現地の人に預けて個々の部族へ帰ります。

    ここで育った者が伴侶(国王になるのには嫁を選ぶ事から始まる)を選び、国王になる儀式を行います。
    その儀式とは、国王婦人と挑戦者の嫁が合図と共に階段状ピラミッドを駆け上り、最初に頂上に辿り着いた方の旦那が国王になる方法です。
    ----- ここまでは、普通の話です。 -----

    しかし、大山祇神夫妻は、2回目の聖地への巡礼の途中に木花咲耶姫を群馬県藤岡市の富士浅間神社(当時は丘があるだけの森の中)で陣をはり、この地で女の子を産んでしまいました。
    数年後、聖域に入り姉(石長姫命)らに託され、聖地を後に帰りました。
    これ以降、木花咲耶姫は聖地で嫌われました。
    姉(石長姫命)は、妹(木花咲耶姫)を守るため、自分を犠牲にさらさせ自作自演で暴れ、富士高天原王朝を離れてしまいました。
    姉(石長姫命)を大室山ピラミッドの猿田彦へ預けました。
    猿田彦は、推定年齢約60歳だたと記憶しています。
    石長姫は、天仁仁杵身光天津日嗣天日天皇(ニニギ)と婚姻していたようです。
    石長姫の眠る貴船神社に残された短歌には、ニニギへの思いが刻銘に詰っています。
    1026年頃、和泉式部が都から貴船に訪れ、短歌を翻訳して京都で公開したのは云うまでにない。
    貴船神社が石長姫の墓地です。

    沢のほたる 和泉式部集
    http://www005.upp.so-net.ne.jp/kirihime/utayomi/ …

    なお、藤原不比等の元に、タイムマシンを強奪したコリアンが訪れ、日本史を改変しました。
    藤原家の失態です。
    そして、藤原家は機会を待ちながら、一族の者をタレントとして働かせ軍資金を稼ぎ、クーデターを起こそうとしています。
    ニセ天皇家を排除するための行動・・・・。

    続きを読む

  • 締切済

    質問国土交通省の机上の空論

    • 2012/5/3
    • Gusdrums

    先ず、今回の悲惨なバス事故でお亡くなりになった方々やご遺族の方へお悔やみ申し上げます。
    又、怪我を被って治療入院中の方々へのお見舞い申し上げます。
    遺族の方や関係各位様の無念さに、他人の私でも憤りを感じて仕方ありません!

    さて、先ほどのTVで、今回の高速夜行バスの事故について報道があり、同業者の意見やマスコミへ投稿した運転手の意見を拝見しました。
    その投稿の最期に「実際に運転もしたことがない国交省が机上の空論で最高走行距離の上限を670kmに設定した根拠に異論・・・・・・」とか「同業者間での意見交換でヒヤリとしたことは結構ある」とか、いうことですが、国交省は、これらを改める考えはない様子です。

    勿論、コスト低減の過当競争で無理な運転を強いるバス会社の安全配慮にも多大に問題があるのも事実で罰則を受けて当然である。
    人様の命を預かっているということは意識されているはずですが、無理を強いられた結果で逮捕された側やそのご家族も納得なんか出来るわけありません!

    しかし、これらを取り締まる国交省の責任は?人様の命を何と考えているのか!

    国民の意見やそこで従事する人達の意見とか聞こうとか、対応も遅すぎる!
    これは、厚生労働省も一緒

    とにかく、省庁というものは、国交省だけに限らず、国民の為にあるべきものではないのでしょうか?
    しかし的外れが多いと感じます。

    事が起こってから騒いでいても、いずれ風化するからほっとけですか?

    こんな、馬鹿げた条例とか、決めて何も責任とか問われないのでしょうか?

    こいつらは、勝ち組という意識にあぐらをかいている。

    私の考え方は省庁に対する偏見でしょうか?

    続きを読む

  • 回答

    • 2012/5/4
    • reflector

    こんなのが2ちゃんに記述あり

    -------------
    379 : 神も仏も名無しさん:2012/05/04(金) 14:22:48.11 ID:RcVXJTgo
    関越道バス事故
    平成24年4月29日午前4時30分過ぎ・群馬県藤岡市にある関越自動車道藤岡JC付近上り線で
    金沢発高岡経由新宿・東京・東京ディズニー行きのツアーバスが防護壁に激突する事故があり乗客7名が死亡、残りの乗客が怪我・運転士は怪我で入院中でしたが回復との事で逮捕されました。格安ツアーバスのため乗務員が1名であった。ツアーを主催した企業はバス事業者に
    責任転換をしています。増便を依頼をした事実はあります。バス事業者を選定するときの責任・バス事業は法令にかなり違反をしていたようで勤務(運行日誌)状況を示す書類がないとの事。ツアーバスなので運行経路は決まっているが現場の運転士に任されている状況。
    数々の疑問が出てきましたが、運輸局は平成20年に監査をして指導をしていながらその後が不明です。私が思うに政治的圧力が加わった可能性があります。

    このバス事業者の資金の流れ・政治家(地元を含めて)行うべきです。
    ---------------------

    続きを読む

  • 締切済

    質問高速バスは眠くなるほど快適なんですか

    • 2012/4/29
    • habataki6

    普段はバスに乗る機会がないのですが,関越自動車道上り線
    藤岡ジャンクション付近で大きく破損したバスを見てみると運転
    する付近は原型を留めていないほど破損してますね 運転手
    さんは眠くなってしまったようですが,眠くなったら運転をやめ
    どこかの駐車場で寝ていてもいいんじゃないですかね
    仕事とはいえ事故を起こしてまで運転することは,お客さん
    だって望んでいないと思うし,スケジ゛ュールなんて渋滞にでも
    巻き込まれたと思えば変わりないですよね,運転手が
    眠いからしばらくお休みしますといえば,何か文句がある
    お客さんは存在するのでしょうか 
    宜しくお願いします。 

    続きを読む

  • 回答

    • 2012/4/29
    • noname#153385

    金沢市を28日午後10時過ぎに出発、JR高岡、新宿、東京各駅を経由して千葉県浦安市の東京ディズニーランドに向かう途中で、事故が起きたのが群馬県藤岡市で29日午前4時50頃・・・実際に走ったことある人このスケジュールはどう感じるんだろう?

    お客さんからは良くても会社から、きつ~いお仕置きが待ってる可能性があるからね。現場の運転手としては難しいところかもしれない。

    規制緩和の弊害じゃないかな。新規参入組が格安運賃でなぐりこみ、でも格安であるが故(低賃金)長時間・連続勤務じゃなかったのだろうか?そのしわ寄せが今回最悪の結果として出たのではないかと思う。交代運転手を用意したり、運転手の休日確保、無理なスケジュールは組まない等安全に気を使えば使うほどコスト高だから格安会社ほどしないよなぁ。

    今までのバス運賃は安全への対価も含まれていると消費者は認識し、そのような格安ツアーみたいなものは利用しないという選択も必要なのではないかな。もちろん、従業員に無理を押しつける会社が一番悪いのだが、それを利用する消費者がいることでアシストしているのだから。

    続きを読む

  • 締切済

    質問群馬県でカモメ?

    • 2012/3/8
    • 77rie

    今朝。妻が「朝、会社に行く時にカモメが飛んでいたよ」って言って、そんなバカなここは、群馬県
    だよって反論していたら、子供も何度か友達と見たよといいました。
    そこで質問します。群馬にカモメ信じられません。よく似た鳥の名前を教えてください。
    でももし、本当にカモメが飛来していることもありますか?
    ちなみに、群馬県藤岡市です

  • 回答

    • 2012/3/9
    • suiran2
    • ベストアンサー

    群馬県の利根川と多々良沼では、ユリカモメ・セグロカモメ・ウミネコの観察報告があります。多数の観察報告がありますからたまに飛んでくるのではないようです。榛名湖や赤城大沼でも時々ウミネコが観察されています。藤岡は利根川沿いですから3種のどれかがいたとしましても何の不思議もありません。

    続きを読む

  • 締切済

    質問おすすめのノンフィクションなど

    • 2011/11/3
    • kimi1980

    よろしくおねがいします。

    お勧めのノンフィクションやルポを教えてください。

    『今日、ホームレスになった』

    など、人の状況が変わったり、ちょっとした人生が書かれているものが好きです。

    また、お勧め小説があれば教えてください。

    よろしくおねがいします。

  • 回答

    • 2011/11/3
    • hs1510

    こんにちは。

    「風にそよぐ墓標-父と息子の日航機墜落事故-」 (門田 隆将)

      男たちは、なぜ語らなかったのか。彼らが胸の内を吐露し始めるまで四半世紀の歳月が必要だった。
      あの日航機墜落事故から25年。
      ノンフィクション作家・門田隆将が、日航機事故で父親を失った息子たちを訪ね歩き、
      絶望から這い上がった6家族の不屈の四半世紀を描き出した。

      絶望の中、我を失った母親、家族全員を失い、天涯孤独の中で幸せを求めてもがきつづけた少年、
      父親の遺言を胸に逆境に耐え続けた日々……沈黙を破った男たちが語る「25年間」の壮絶なドラマ。
      これまで、女性たちによってのみ語られてきた御巣鷹山事故の悲劇をまったく新しい観点から炙り出したルポルタージュ。

      25年前の群馬県藤岡市。愛する者が腐敗していく体育館で、遺族たちは茫然とし、うろたえ、絶望した。
      しかし、腐乱臭の中、息子たちは、それでも目を背けるような肉塊と向き合った。父親の遺体を探し求める彼らを支えたもの  は何だったのか。
      絶望の中を彷徨う息子たちは、25年という年月を経て、彼ら自身が“父親”となった。
      その時、彼らは子どもたちに何を伝えるのか。
      日航機事故に遭った6遺族が辿った25年に及ぶ不屈の物語。
      人生に悩み、挫けそうになった人々に勇気と希望を与える感動のノンフィクション!


    日航機墜落事故関係の本をいろいろ読みましたが、この本は本当に泣かされます。そして、今回の東日本大震災では、もっともっと多くの子供達が、これから険しい人生を送って行くのかと考えると本当に辛いですね。

    続きを読む