秋田県南秋田郡大潟村Q&A

  • 締切済

    質問電力自由化 電気の色は? 責任は?

    • 2014/6/28
    • houshuseki

    電力自由化で質問です。既存の電力会社以外から電気を「買う」というのが不思議です。電線を流れる電気には色が付いている訳ではないので、どこで発電された「電気」なのか分からないですよね。例えばこんな疑問があります。送電される電気の総量が100だとして、既存電力会社が90を作るとします。一般家庭や自治体が設置したソーラーパネルで残りの10が作られる状況です。この認識は間違っていますか?あと、発電の責任はどのように分担されるのでしょうか。先の例でいうと、ソーラーパネルの故障で発電できない場合、既存電力会社が不足分の電気を作ることになり、負担になると思うのです。売電してお金は入ってくるが、発電の責任は負わない。なんだか理屈に合わないと思います。

    続きを読む

  • 回答

    • 2014/6/28
    • rainbowenglish

    >送電される電気の総量が100だとして、既存電力会社が90を作るとします。一般家庭や自治体が設置したソーラーパネルで残りの10が作られる状況です

    これに関して異論があります。

    ソーラー発電の稼働率は・・・・

    年間発電量ランキングを見ると、静岡県磐田市の1kWあたりで1,850kWhが最高値となっています。この場合の設備利用率は約21.1%です。
    逆に最低値は、岩手県盛岡の1kWあたり356kWhで設備利用率4%。これは平均からみてもかなり低いため、故障や不具合があったと予想されます。これは極端な例で除くとして、その次に低い数値が秋田県南秋田郡大潟村の751kWhで稼働率約8.6%になります。

    夜は当然発電しませんし、曇や雨、雪でも能力が下がりますので、発電能力の15%程度ではないかと思います。

    http://blog.taiyoseikatsu.com/2011/04/01/551/

    2011年と古いデーターですが、個人の太陽光発電量は2.3テラワット。
    日本全体の発電量が1000テラワット。

    2016年では増えてるでしょうが0.3%と言うところですね。

    実は、電気を買う電力会社は風力や太陽光発電には困ってます。
    発電量が安定しませんので、計画が立てにくいため、バックアップが大変だそうです。
    発電量に応じたバックアップ発電設備が必要なんですね。

    つまりソーラーパネルが普及すればするほど、電力会社の発電設備投資が必要だとか。

    そして電気の質が落ちるのを懸念してましたね。
    周波数や波形、電圧の変化が出て、精密機械に重大な影響を及ぼします。

    何のための発電か実は分からなくなっていて、政治家の人気取りに利用されていると思います。

    本当言えば、電力会社がソーラーパネルや風力発電を計画的に各家庭に設置すべきなんですね。

    続きを読む