新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

覚満淵

覚満淵(かくまんぶち)は、群馬県前橋市富士見町赤城山にある湿原。赤城山の山頂付近、大沼 (赤城山)大沼の南東600メートルの位置にあり、小沼 (赤城山)小沼にも近い。標高は1,360メートル、周囲長は800メートルほどである。「小さな尾瀬」、「小尾瀬」とも言われる。 古くは湖であったが、覚満川を通じて水が大沼へ流出し、湿原となったもの。「かつては大沼の一部であった」(引用)、「大昔は大沼とひとつの湖であった」(引用)といった説明がなされることもある。地名は平安時代の「覚満」という名の人物に由来する。延暦寺比叡山延暦寺の僧高僧であった彼が、当地で法会を行ったとされる。 当地では高山植物やコケ植物が群生している。春はミズバショウ(3月)、5月の新緑、夏初夏はレンゲツツジ(6月)、秋の紅葉(10月)が見所である。モウセンゴケやニッコウキスゲも見られる。泥炭層の薄い場所は、ススキやズミなどの低木林となっている。 湿原を一周するボードウォーク木道が敷設されており、付近の県立赤城公園ビジターセンターから徒歩30分間ほどで周遊できる。覚満淵を見下ろす鳥居峠の高台からは、遠く大沼まで見渡せる。 ファイル:Mount Akagi Mountaintop Relief Map, SRTM-1, Japanese.jpg赤城山山頂地形図 ファイル:ka…

基本情報

情報提供元

周辺のお店・施設の月間ランキング