新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

奥手稲山

【自然景観資源分類】火山

奥手稲山(おくていねやま)は北海道札幌市の手稲区と南区 (札幌市)南区の境界にある山。 標高948.9メートル。名前の由来は手稲山の奥に所在することから。スキーの山として知られる。 1930年(昭和5年)、山頂から南に2キロメートルほどの場所に、日本国有鉄道経営の山の家が建てられた。経営は後に、北海道大学のワンダーフォーゲル部が引き継いでいる。 夏季でも林道を利用することで登ることができるが、以下のような注意点がある。 *林道入り口は採石場になっており、大型車両が行きかう業務中に侵入するのは非常に危険である。休業日の日曜日以外に立ち入るべきではない。 *あくまで林道であって登山コースではないので、案内標識の類はない。 *林道は山頂に達しておらず、その下を通過している。よって無雪期には登頂できない。残雪期であれば、雪を足がかりにして山頂まで到達できる。

基本情報

情報提供元

周辺のお店・施設の月間ランキング