新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

旧神戸居留地十五番館

旧居留地・大丸前駅から徒歩4分

元町(兵庫)駅から徒歩7分

明治13(1880)年から10年間アメリカ領事館として利用されていた、現存する唯一の居留地時代の商館。現在はカフェレストランとして営業している。

旧居留地十五番館(きゅうきょりゅうちじゅうごばんかん)は、兵庫県神戸市中央区 (神戸市)中央区の旧居留地にある西洋館。旧アメリカ合衆国領事館。 旧居留地に唯一現存する居留地時代(1868年~1899年)の建築物で、国の重要文化財にも指定されており、当時の街区境界の煉瓦塀や石柱などとともに保存されている。重要文化財指定名称は「旧神戸居留地十五番館」。 館は神戸市立博物館の西向かいに位置する。館の東玄関脇の歩道には日本最古の近代下水道である「旧神戸居留地煉瓦造下水道」(工事期間1868年 - 1872年)の遺構(国の登録有形文化財)が展示されている。 日没から23時までライトアップされる。

観光情報

  • アクセス

    JR三ノ宮駅から徒歩10分

    情報提供:株式会社マップル

  • 駐車場

    対象外

    情報提供:株式会社マップル

基本情報

情報提供元

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング