新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

桂川パーキングエリア

桂川パーキングエリア(かつらがわパーキングエリア)は、京都府京都市南区 (京都市)南区久世東土川町の名神高速道路上にあるパーキングエリアである。日本道路公団道路公団民営化前で唯一名神高速道路の財団法人道路サービス機構のエリアであった。 桂川PAは以前、大阪府三島郡_(大阪府)三島郡島本町の大阪府立島本高等学校の北隣(上り線)とトッパン・フォームズトッパン・フォームズ関西大阪工場の西隣(下り線)にあった桜井パーキングエリアが、車線拡幅工事の関係で上り線が1997年に、下り線が1998年に現在地に移転したものである。下り線の桜井PAは桂川PAに移転する前に一時的に高槻市内の短期代替施設に移転していたが、その場所は高槻ジャンクション・インターチェンジ高槻JCTの用地に転用されている。名称の由来となった桂川 (淀川水系)桂川自体と当PAは直線距離で1km強離れている。 桜井PAの跡地は上下線とも解体された上で地盤も切土されており、現在は上り線左ルートの路肩に桜井PA入口の形跡が僅かに残っているのみとなっている。尚、上り線施設跡地は切土掘割されて広場(関係者以外は出入不可)に、下り線施設跡地は一般道になっている。

基本情報

情報提供元

周辺のお店・施設の月間ランキング