新型コロナウィルスの影響により、施設の営業有無、営業時間、プラン内容に変更がある場合がございます。日々状況が変化しておりますので詳細については直接施設へお問い合わせください。

棒ノ折山

東京都と埼玉県飯能市との境にある標高969mの山。「関東ふれあいの道」として整備された登山道は、春は緑と岩のコントラスト、秋には紅葉の彩が映える渓谷美が目を楽しませる。山頂は広く180度パノラマが広がる。
棒ノ折山(ぼうのおれやま)は、東京都西多摩郡奥多摩町と埼玉県飯能市との境にある高さ標高969mの山である。奥多摩と奥武蔵の山域の境にある。 棒ノ折嶺、棒ノ峰、棒ノ嶺ともいう。坊の尾根、坊主の尾根ともいった。山頂は非常に広く、公園か小規模なグラウンドのような広場となっている(ただしトイレや売店はない)。昔は茅(茅葺き屋根の材料)の原であった。

観光情報

  • アクセス

    西武池袋線飯能駅から国際興業バスさわらびの湯経由名栗方面行きで39分、さわらびの湯下車、徒歩2時間30分

    情報提供:株式会社マップル

  • 駐車場
    対象外

    情報提供:株式会社マップル

基本情報

情報提供元

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング