新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。
石油王中野貫一、忠太郎の親子が築造した邸宅と美術品の寄贈を受けて開館した美術館。もみじを中心に銘木や名石を集めた庭園は必見。

中野邸記念館(なかのていきねんかん)は、日本の石油王・中野貫一が明治37年に造営した邸宅を1997年に「中野邸美術館」として開放したもの。新潟県における明治時代の代表的木造建築。庭は2000本のもみじ園。明治から昭和にかけ県下一級の造園技術者を集めて49年の歳月をかけて造園したもので2.3ヘクタールの広さ。石油の里公園内にある。2017年2月に名称を「中野邸記念館」に改称した。

観光情報

  • アクセス

    JR信越本線矢代田駅からタクシーで5分

    情報提供:株式会社マップル

  • 料金

    入館料=800円/

    情報提供:株式会社マップル

  • 駐車場

    あり / 35台 / 無料

    情報提供:株式会社マップル

基本情報

  • お店/施設名

    中野邸記念館

  • 住所

    新潟県新潟市秋葉区金津598

  • お問い合わせ電話番号
    番号を表示する

    情報提供:株式会社マップル

  • 営業時間
    9:30~16:30(閉館17:00)

    情報提供:株式会社マップル

  • 定休日
    期間中水曜、11月は無休

    情報提供:株式会社マップル

  • ジャンル
  • その他

    このサービスの一部は、国税庁法人番号システムWeb-API機能を利用して取得した情報をもとに作成しているが、サービスの内容は国税庁によって保証されたものではありません。

    情報提供:法人番号公表サイト

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング