新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

新型コロナ対策店舗

皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院 多摩川

【感染防止徹底宣言】新型コロナウイルス感染拡大防止中(東京都)

多摩川駅から徒歩1分

田園調布駅から徒歩12分

  • 営業中
  • 駐車場あり
  • テイクアウトあり
  • デリバリー

【感染防止徹底宣言】新型コロナウイルス感染拡大防止中(東京都)

0066-9802-970886-07
  • EPARKペットライフ

  • EPARKペットライフ

  • EPARKペットライフ

  • EPARKペットライフ

  • EPARKペットライフ

  • EPARKペットライフ

  • menu

前へ 次へ

    カフェ×病院×サロンというスタイルでリラックスできる空間づくり 当院は、私を含め、皮膚科の診療を重点的に行っていた獣医師3人で立ち上げました。 他の2人とは大学病院の研修時代に知り合ったのですが、3人ともカフェに行くのが好きという共通点がありました。開業するうえで、差別化をはかるためにも他の一般的な動物病院とは少し違う、特徴のある病院を創りたいという目標がありました。その構想と、自分たちの好きなカフェを結びつけて皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院 多摩川 ができました。 とにかく気軽な気持ちで来院していただきたいので、当院ではワンちゃんをリードにつなぐことはせず、待っている間ワンちゃんには自由にしてもらっています。待合スペースで飼い主さまにカルテの情報を書いていただいている間に、ワンちゃんには自由に院内を散策したりにおいなどを覚えたりしてもらい、この病院に慣れてもらってから診察を行っています。これは他の病院と大きく違う点だと思います。ネコちゃんの場合は診察スペース内だけですが、やはり自由に散策し、慣れてもらってから診察するようにしています。 また、普段白衣は着ずに青いシャツとスラックスで診察を行っています。 これは人間もワンちゃんも同様ですが、白衣を見るだけで緊張して血圧があがってしまうことがあります。そのため、獣医ではないような格好をすることにより、ワンちゃんと飼い主さまにリラックスしてもらって診察ができればと考えています。こういった服装だと「本当に獣医さんなのですか」と聞かれてしまうこともありますが、飼い主さまが緊張しているとワンちゃんにそれが伝わりますし、逆もまたしかりです。それぞれの緊張をほぐしたうえで、落ち着いて診察ができるようにしています。 これまで動物病院に行くのを嫌がっていたワンちゃんが、しっぽを振って来てくれたりするのを見ると、やはり空間や雰囲気の効果はあると感じます。 皮膚の診療に力を入れています 皮膚科の診療は、レントゲンなどの大きな機械が必要というわけではないのですが、治療に非常に長い時間がかかります。理由としては、皮膚病はパッと薬を飲んで治るわけではなく、日頃のスキンケアや食事、薬などさまざまな治療を試す必要があるからです。 一つの症状に対して、これまでの食事や治療について飼い主さまから伺う時間に加え、これからの治療方法などについてこちらからお話しする時間も非常に多く必要です。まず、これまでのことについて、今までどのような食事をとってきてどんな治療を行ってきたか、その治療に対してどんな効果があったか、それとも効果がなかったのか、といったお話を飼い主さまに細かく伺います。そして、「この治療を行いましょう」「おうちではこういうふうに過ごしてこのケアを行ってくださいね」などと、こちらから治療方法などについてお話ししています。 このときにゆっくりとお話ができない雰囲気ですと、飼い主さまは聞きたいことがあっても聞きづらくなってしまいますし、こちらも飼い主さまのお気持ちをしっかりと汲み取れないかもしれません。皮膚病治療ではそういった出来事は致命的ですので、充分にお話しするため、リラックスできる空間を作りました。ゆっくり時間を取って治療内容をお伝えできるのは、この病院の大きな特徴です。 併設施設もご利用ください リラックスできる雰囲気づくりのほかに、なるべく薬は使わないようにするのが当院の特徴です。症状がひどくなってしまって薬を使うしかないときもありますが、使う薬の種類を減らしたり、無添加の薬にしたりするなど、薬を厳選して選ぶようにしています。 近年ではこのように、皮膚のケアをするうえで身体にかかる負担をなるべく減らして治療することが、皮膚病治療のトレンドになってきているように思います。最近では一つの治療に対しての選択肢が増えたということもありますが、私どもはそのように負担の少ない健康的な治療を行うことを心がけています。ハーブパック(トリミングオプション)などもその一環として利用しています。 ただ、皮膚に負担が少ないものであっても、肌と相性が合わないと良くない結果になることもありますので、使用前のチェックは怠りません。低刺激のシャンプーでも、偶然たまたま肌に合わないということはありえます。やはり「この病気にはこれ」と決めつけるのではなく、「今のこの子の皮膚の状態ならこれ」というふうに、治療の選択肢を提示するようにしています。 治療にはなるべく薬を使わずいろいろな選択肢を用意し、その時々の状態やワンちゃんの肌の性質に合わせたオーダーメイドの治療を心がけています。オーダーメイドの医療、オーダーメイドのトリミングが当院のモットーです。 こだわりのカフェメニューとくつろげる空間をご用意しています カフェスペースでは、スイーツ系だけでなく軽食のメニューもご用意しています。すべてのメニューがおすすめですが、特にコーヒーについては、ブルーボトルコーヒーでリードバリスタをやっていた方にプロデュースしていただいたこともあり、ご利用の方から大変好評いただいています。また、お菓子は専属のパティシエにお願いしており、こちらのメニューも人気です。なお、カフェのスタッフは全員カフェ専門で行っているため、診察にかかわることはありません。 開業時から、いわゆるドッグカフェにはならないようにしようと考えていました。ワンちゃん連れでないと来られない場所というより、人もワンちゃんもリラックスしてもらえる空間を目標にしています。立地的に駅も公園も近いので、若いファミリー層にも多くご利用していただいています。 くつろげる空間といろいろなメニューをご用意しておりますので、ぜひお越しください。 ワンちゃんについて気になることがありましたら、お気軽にご相談ください 当院なら、カフェのついでに気軽にワンちゃんの異変などについてご相談いただけるので、早い段階で病気に気づくことができます。 ワンちゃんに何かわずかな異常を感じていたとしても、目に見えない段階では来院に消極的になってしまう飼い主さまが多いように思います。当院の場合は比較的ご来院しやすく、早い段階でご相談いただけています。カフェスペースに来店しているお客さまからご相談を受け、その後診療のために来院していただくというパターンも多くあります。ですので、気軽にご相談できることが、結果として病気の早期発見にもつながっているように感じます。 例えば耳の病気の治療のためのオートスコープという耳用の内視鏡カメラをご用意しています。耳の内部に炎症があることをお伝えしてもあまりイメージがわかないと思いますが、この機器を使って画像で説明することにより、症状をしっかりとお伝えすることができます。また、来院される患者さまの中にはアレルギー性皮膚疾患・アトピー性皮膚炎・食事アレルギーなどの子が多くいます。そのような病気やアレルギーの治療のためにも、ワンちゃんに少しでも異変を感じたら、お気軽にご相談ください。

    予約する

    基本情報

    予約する

    情報提供元

    【ご注意】

    本サービス内の営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。参考情報としてご利用ください。
    最新情報につきましては、情報提供サイト内や店舗にてご確認ください。

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング