新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。
  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

前へ 次へ
    元文3(1738)年、現代の緑茶の主流につながる青製煎茶製法を考案、普及させた永谷宗円の屋敷跡。内部では焙炉跡や製茶道具が保存され、映像機器で茶の製法や宗円の足跡を紹介している。

    永谷宗円生家(ながたにそうえんせいか)とは、京都府綴喜郡宇治田原町にある施設である。 宇治田原町指定文化財。

    観光情報

    • アクセス

      京阪宇治線宇治駅から京都京阪バス工業団地・緑苑坂行きで25分、工業団地口下車、徒歩25分

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場
      なし

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    周辺のお店・施設の月間ランキング