新型コロナウィルスの影響により、施設の営業有無、営業時間、プラン内容に変更がある場合がございます。日々状況が変化しておりますので詳細については直接施設へお問い合わせください。

八甲田山

北八甲田火山群(後カルデラ火山) 下、南八甲田火山群(先カルデラ火山) 右上、八甲田カルデラ 八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる複数火山の総称で日本百名山の一つ。「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群である。 青森県のほぼ中央に位置し、約20km南には十和田湖が位置する。東北地方の脊梁奥羽山脈の北端である。各都道府県の最高峰青森県の最高峰「岩木山」標高1,625メートルmに次ぐ、標高1,585m。2016年12月1日より気象庁指定の常時観測火山である。 命名の由来について「新撰陸奥国志」によれば、八の(たくさんの)甲(たて)状の峰と山上に多くの田代(湿原)があるからという。 周辺は世界でも有数の豪雪地帯である。明治35年に青森の連隊#帝国陸軍の連隊歩兵第五連隊が雪中行軍の演習中に記録的な寒波に由来する吹雪に遭遇し、210名中199名が遭難した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)が発生、それを基に新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」が書かれ八甲田山 (映画)映画化されている。なお、陸上自衛隊青森駐屯地に駐屯する第5普通科連隊も、(遭難死した青森歩兵5連隊の隊員慰霊も兼ねて)毎年厳冬期に八甲田山系での冬季雪中戦技演習を行なっている。

基本情報

情報提供元

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング