• 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

前へ 次へ
    信濃川に架かる旧市街地と新市街地を結ぶ昭和4(1929)年に建造された橋。当時の最先端技術を生かした六連のアーチがある重厚な姿が美しい。平成16(2004)年、国の重要文化財に指定。

    萬代橋(ばんだいばし/よろづよばし)は、新潟県新潟市中央区 (新潟市)中央区の信濃川に架かる国道7号(重複: 国道8号、国道17号、国道113号、国道350号)の道路橋梁。国の重要文化財に指定されている。新潟市の信濃川に架橋された初めての橋で、1886年(明治19年)に初代が竣工された。 新潟県道33号新潟停車場線東大通、萬代橋通りと柾谷小路とを結び、新潟駅万代口から万代シテイを経て古町 (新潟市)古町に至る中央区中心部のメインストリートの一部を成す。

    観光情報

    • アクセス

      JR新潟駅から徒歩15分

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      なし

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    【ご注意】

    本サービス内で掲載している営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。新型コロナウィルスなどの影響で変更となっている場合もございます。
    参考情報としてご利用ください。
    最新情報につきましては、情報提供元や店舗にてご確認ください。

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング