新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。
  • 株式会社マップル

    久留米中心部にある標高312.3mの山。中腹に筑後国一の宮である高良大社が鎮座している。春はツツジ、秋は紅葉が楽しめる。眺望も素晴らしく、天気がよければ長崎・雲仙普賢岳も望める。

    高良山神籠石(こうらさんこうごいし)は、筑後国御井郡の高良山(現在の福岡県久留米市御井町)にあった日本の古代山城(分類は神籠石神籠石系山城)。城跡は国の史跡に指定されている。 近年は「高良山城(こうらさんじょう)」とも称される傾向にある。「神籠石」の遺跡区分名称の由来に関わる遺跡であるとともに、神籠石論争の中心となった遺跡として知られる。

    観光情報

    • アクセス

      西鉄天神大牟田線西鉄久留米駅から西鉄バス信愛女学院久留米行きで15分、御井町下車、徒歩30分

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      対象外

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    情報提供元

    【ご注意】

    本サービス内の営業時間や満空情報、基本情報等、実際とは異なる場合があります。参考情報としてご利用ください。
    最新情報につきましては、情報提供サイト内や店舗にてご確認ください。

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング