新型コロナウィルスの影響により、施設の営業有無、営業時間、プラン内容に変更がある場合がございます。日々状況が変化しておりますので詳細については直接施設へお問い合わせください。

因幡三山

因幡三山(いなばさんざん)は鳥取平野の南部、鳥取県鳥取市国府町 (鳥取県)国府町周辺にある甑山、今木山、面影山の3つの山の通称で、因幡国庁を中心に三方に位置する。形の美しい山が3つ並び立つ様が大和三山を思わせるため、鳥取市国府町高岡出身の川上貞夫が『因幡のふるさと - 国府町の歴史と文化』(1968年)に「因幡三山 国府町には、大和三山を彷彿とさせる三つの山があります。面影(俤)山・今木山・甑(こしき)山がそれであります」(P159)と書いたことに由来する。 ファイル:因幡三山1200.jpgthumb400pxcenter袋川と因幡三山。画面右の小高い山が甑山、画面左の山が今木山。今木山の右側、遠方に見えるのが面影山。(甑山の背後・遠方に見えているのは天神山(189.7m))

基本情報

情報提供元

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング