新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。

名神起工の地

小野(京都)駅から徒歩5分

椥辻駅から徒歩13分

名神起工の地(めいしんきこうのち)は、京都府京都市山科区の京都市立小野小学校前にある石碑。 1958年(昭和33年)10月19日、日本初の高速道路である名神高速道路の起工式が行われた場所である。 原碑は1958年に中央分離帯に設置されたが、起工50周年及び栗東インターチェンジ栗東IC - 尼崎インターチェンジ尼崎IC間開通45周年に当たる2008年7月16日に、地域住民や一般の人も見る事が出来るように、南側(下り線側)の側道沿いに複製の石碑が設置された。碑文には、日本道路公団の初代総裁である岸道三がこの地に鍬入れした旨が記されている。上り線の桂川パーキングエリアにも、「この先の山科付近が起工地である」ことを記した看板が設置されている 名神高速道路は滋賀県大津市大谷付近から京都府京都市伏見区付近までは東海道本線の旧線に沿って建設された。当地は1880年から1921年まで旧山科駅があった場所で、『旧東海道線山科駅跡』の碑も複製碑の隣に建てられている。 高速道路本線上の石碑付近には、日本道路公団時代の巨大な門型の交通情報広域情報板があり、内側には日本道路公団時代末期に制定された略称である「JH」、外側には「名神」の文字が記されている。

基本情報

情報提供元

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング