新型コロナウィルスの影響により、施設の営業有無、営業時間、プラン内容に変更がある場合がございます。日々状況が変化しておりますので詳細については直接施設へお問い合わせください。

滝之城横穴墓群

滝之城横穴墓群(たきのじょうおうけつぼぐん)は、埼玉県所沢市にある横穴墓横穴墓群である。 武蔵野台地の一部である所沢台地の東端、柳瀬川に面した急峻な南斜面上部に位置する。台地上にある滝の城滝之城跡の土塁防護工事中に9基の横穴墓が発見され、うち5基で調査が行われた。横穴墓の羨道手前の横穴は粘土や丸礫や砂質泥岩で封鎖され、羨道と玄室の間は礫が敷き詰められた床で仕切られている。7世紀中頃の築造とみられ、1号墓と4号墓から2体ずつ遺骸が発掘されている。また、須恵器のほか金環や小玉も出土している。9基ある横穴墓のほかにもまだ未発掘の横穴墓も多数ある。1976年(昭和51年)4月1日に市の史跡に指定された。

基本情報

情報提供元

おすすめ情報

周辺のお店・施設の月間ランキング