新型コロナウィルスの影響で、実際の営業時間やプラン内容など、掲載内容と異なる可能性があります。
  • 営業時間外
  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

  • 株式会社マップル

前へ 次へ
    茅葺き屋根の母屋や土蔵を利用し、明治から昭和30(1955)年ごろまでの農家の暮らしを再現。わら細工、番傘作りなど職人の仕事風景を見学できるほか、はたおりや紙すき体験も楽しめる。

    三州足助屋敷(さんしゅうあすけやしき)とは、愛知県豊田市(旧足助町)にある観光施設である。1980年に開館し、消えゆく昔の日本の暮らしや風景を提供すると共に、技術の伝承を行うことを目的としている。屋敷本体は茅葺屋根の古民家に見えるが、移築ではなく新築されたものである。運営は(株)三州足助公社が行っている。

    観光情報

    • アクセス

      名鉄豊田線浄水駅からとよたおいでんバス百年草行きで1時間、香嵐渓下車、徒歩10分

      情報提供:株式会社マップル

    • 料金

      大人300円、小人100円

      情報提供:株式会社マップル

    • 駐車場

      なし

      情報提供:株式会社マップル

    基本情報

    おすすめ情報

    周辺のお店・施設の月間ランキング