新型コロナウィルスの影響により、施設の営業有無、営業時間、プラン内容に変更がある場合がございます。日々状況が変化しておりますので詳細については直接施設へお問い合わせください。

炭釜横穴古墳群

炭釜横穴古墳群(すみがまよこあなこふんぐん)、また、炭釜横穴墓群(すみがまよこあなぼぐん)は、宮城県柴田郡柴田町にある古墳である。 これらは、7世紀から8世紀、古墳時代終末期から奈良時代にかけて造営された横穴墓群だと推定されている。 仙台空港建設の際、土取り場所と予定されたため昭和44年、45年昭和45年の2度にわたり発掘調査が行われた。 宮城県・柴田町教育委員会による発掘調査の結果、蜂の巣状の墓穴が分布していることが確認された。 横穴墓からは被葬者の人骨、土師器・須恵器などの日常品のほか、武具類、馬具、装身具類などが出土している。 調査後、土砂の採取が行われ古墳の後方部分が失われている。 町指定史跡(1969年)。

基本情報

情報提供元

周辺のお店・施設の月間ランキング