加納溥基コレクション「小野竹喬と池田遙邨 旅を描く」終了

池田遙邨「芒(すすき)原」

安来市加納美術館は、平成8(1996)年に山陽と山陰の文化の連携と地域文化の発展を願った加納溥基(ひろき)によって創設され、その後公立美術館になった。今展では、加納溥基(ひろき)コレクションの中から、小野竹喬、池田遙邨の二人の旅をテーマにした作品を公開する。同じ時代に活躍した二人は、たゆまぬ工夫を続けて素晴らしい作品を生み出した。珠玉の作品を通して、二人の人生の旅に触れてみよう。

ジャンル
展覧会
開催地
安来市加納美術館
開催期間
2018年6月16日(土)~7月16日(月)
09:00~16:30
火曜日定休
料金
有料 大人1000円、中学生以下無料
連絡先
安来市加納美術館 0854-36-0880
関連URL
http://www.art-kano.jp/337.html(外部サイト)
住所
〒692-0623 島根県安来市広瀬町布部345-27
アクセス(車)
安来ICから30分
アクセス(公共交通)
JR安来駅からバス利用、広瀬BT乗り換え(送迎あり)
駐車場
あり(100台)駐車無料
屋内外
屋内
備考
6月16日(土)、7月8日(日)13時30分よりギャラリートーク

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(7件)

周辺の施設(84件)

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び