宮城県民芸協会設立50周年記念 企画展「日本民藝館所蔵品による 手仕事の日本ー柳宗悦のまなざしー」終了

大正時代末期、思想家・柳宗悦らは、手仕事により作られた日常の生活用具のなかに美を見出した。柳はそれらを「民藝(みんげい)」と名付け、仲間と共に全国を旅して優れた民芸品の収集を進め、昭和11年(1936)、東京・駒場に日本民藝館を創設した。本展では、柳が民芸の美に目覚めるきっかけとなった作品のほか、柳の著書『手仕事の日本』で取り上げた各地の作品など、日本民藝館所蔵の優品118件を紹介する。

ジャンル
展覧会
開催地
仙台市博物館
開催期間
2018年4月21日(土)~6月3日(日)
09:00~16:45
休館日:毎週月曜日(ただし、4/30は開館) ※入館は16:15まで
料金
有料 一般・大学生:460円、高校生:230円、小・中学生:110円
連絡先
仙台市博物館 022-225-3074
関連URL
https://www.city.sendai.jp/museum/(外部サイト)
住所
〒980-0862 宮城県仙台市青葉区川内26仙台城三の丸跡
アクセス(車)
東北自動車道「仙台宮城」ICより約10分
アクセス(公共交通)
仙台市地下鉄東西線「国際センター」駅南1出口から徒歩約8分
最寄駅

国際センター(宮城)駅から徒歩6分

大町西公園駅から徒歩9分

駐車場
あり(50台)
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(98件)

周辺の施設(5000件)

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び