明治150年記念特別展「写真発祥地の原風景 長崎」終了

幕末の写真技術の伝来とともに、長崎を訪れたロシエやベアトなどの外国人写真師は長崎を捉えた写真を残した。さらに、写真開祖と呼ばれる上野彦馬をはじめとする長崎ゆかりの日本人写真師が写真文化を普及していく。今展では、写真発祥地「長崎を写した、長崎で写した」初期写真を中心に、写真を支える台紙や写真アルバム、古地図や絵画・工芸品なども取り上げ、幕末~明治の「長崎」を振り返る。

ジャンル
展覧会
開催地
長崎歴史文化博物館 3階企画展示室
開催期間
2018年5月22日(火)~6月24日(日)
08:25~19:00
休館日6月18日(月)最終入館18:30
料金
有料 一般800円(前売640円)県内大学生400円 高校生以下無料 ※( )内は前売及び15名以上の団体、身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳持参者の料金 ※県内大学生は要学生証提示
連絡先
長崎歴史文化博物館 095-818-8366
関連URL
http://www.nmhc.jp/(外部サイト)
住所
〒850-0007 長崎県長崎市立山1-1-1
アクセス(車)
長崎自動車道「長崎芒塚」ICより、諏訪神社方面へ10分
アクセス(公共交通)
路面電車「桜町」より徒歩5分
最寄駅

桜町(長崎)駅から徒歩5分

公会堂前駅から徒歩6分

駐車場
あり(62台)同館利用により3時間まで1時間100円計算
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(63件)

周辺の施設(5000件)

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び