紙の仕事終了

楮、三椏、雁皮などの植物繊維を原料とする日本の和紙は、古くから優れた素材として、書画はもとより暮らしの中の様々な場面で幅広く用いられてきた。千年の寿命を持つとされ、今や世界中で文化財修復に欠かせない材料としても注目を集めており、2014年にはユネスコの無形文化遺産にも登録されている。当館の収蔵資料の中から、和紙を材料に作られた工芸品と関連資料を展示し、和紙が持つ秘めたる力と造形に焦点を当てる。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント
開催地
国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館
開催期間
2018年1月9日(火)~3月9日(金)
10:00~17:00
会期中の休館日は日曜・月曜・祝日、2月2日・3日・3月3日 土曜日は16:30閉館
料金
無料 
連絡先
湯浅八郎記念館 0422-33-3340
関連URL
http://subsites.icu.ac.jp/yuasa_museum/(外部サイト)
住所
〒181-8585 東京都三鷹市大沢3-10-2
アクセス(公共交通)
JR中央線三鷹駅武蔵境駅南口より小田急バス「ICU行」終点下車(武蔵境駅南口よりタクシーで10分)
最寄駅

新小金井駅から徒歩12分

駐車場
あり(2台)1時間100円
屋内外
屋内
備考
会期中2月10日(土)に展示に関連した公開講座を開催(聴講無料・要予約)

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(70件)

周辺の施設(677件)

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び