第1回 組紐教室終了

(公財)徳島県埋蔵文化財センター

日本の伝統的な組紐製作技法とされているのは、丸台や角台などの台と糸を巻き付けた錘を用いた「自由端組紐技法」である。しかし近年の研究から、道具を使わずに指を使った「クテ打ち技法(ループ操作技法)」と呼ばれる技法が、古墳時代までさかのぼることが確認された。これまでレキシルとくしまで実施してきた組紐は基本的な組み方であり、この教室で色々な組み方を体験する。 ※要申込 定員:10名前後 対象:大学生~一般

ジャンル
体験・遊覧
開催地
レキシルとくしま(徳島県立埋蔵文化財総合センター)
開催期間
2018年1月30日(火)~3月13日(火)
13:30~15:30
開催日:1/30、2/27、3/13 ※3回の受講が望ましいが、希望日だけの受講も可能
料金
無料 入場無料
連絡先
(公財)徳島県埋蔵文化財センター 普及係 088-672-4545
関連URL
http://awakouko.info/(外部サイト)
住所
〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2
アクセス(車)
高松道板野ICから5分、徳島道藍住ICから10分
アクセス(公共交通)
JR板野駅から徒歩20分、徳島バス犬伏停留場から徒歩5分
駐車場
あり(40台)駐車無料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び