特別展「狩野芳崖と四天王―近代日本画、もうひとつの水脈―」開催中

【重要文化財】 狩野芳崖《悲母観音》 明治21年 東京藝術大学蔵 展示期間:2017年12月2日~17日

「芳崖四天王」と称された岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城に光を当てた初の展覧会。彼らの知られざる画業を多角的に辿ると共に、横山大観らの作品も合わせて展観する。狩野芳崖の絶筆「悲母観音」も期間限定で展示。会期中、大幅に展示替えを行なう。

ジャンル
展覧会
開催地
山梨県立美術館
開催期間
2017年11月3日(金)~12月17日(日)
09:00~17:00
入館は午後4:30まで 休館日は月曜日(ただし11月20日の山梨県民の日は開館)
料金
有料 一般1000円、大学生500円 ※高校生以下の児童・生徒は無料 ※県内在住65歳以上の人は無料 ※障がい者手帳を持参の人、及びその介護をする人は無料 ※11月20日の山梨県民の日はだれでも無料
連絡先
山梨県立美術館 055-228-3322
関連URL
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/exhibition/(外部サイト)
住所
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
アクセス(車)
中央自動車道甲府昭和ICより約10分
アクセス(公共交通)
JR甲府駅バスターミナル(南口)よりバスで約15分「山梨県立美術館」下車
駐車場
あり(345台)駐車場は無料:乗用車345台、バス16台、身障者用6台 ※山梨県立美術館、山梨県立文学館、および芸術の森公園の利用者が利用。混雑時は満車となる可能性もあり。
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(12件)

周辺の施設(5000件)

全国700地点以上 今見頃の紅葉名所は?紅葉情報2017
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び