開館120周年特別展覧会「海北友松」終了

重文 雲龍図(建仁寺)部分

海北友松(1533~1615)は桃山画壇の巨匠である。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしたが、主家や兄たちが信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられている。この展覧会では、晩年期の代表作はもとより、数少ない初期作や新発見・初公開の作品、さらに諸人との幅広い交流の跡を物語る書状や文書類などを数多く展示し、83年にわたる友松の生涯を振り返る。

ジャンル
展覧会
開催地
京都国立博物館 平成知新館
開催期間
2017年4月11日(火)~5月21日(日)
月曜休館(月曜日が祝日・休日の場合は開館し、翌火曜日休館)
料金
有料 観覧料:一般1500円、大学生1200円、高校生900円 ※中学生以下、障がい者と介護者1名は無料(要証明)
連絡先
京都国立博物館 075-525-2473
関連URL
http://www.kyohaku.go.jp/(外部サイト)
住所
〒605-0931 京都府京都市東山区茶屋町527
アクセス(公共交通)
京阪電車「七条」駅下車、東へ徒歩7分
最寄駅

七条駅から徒歩7分

清水五条駅から徒歩11分

駐車場
あり(50台)有料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(16件)

周辺の施設(674件)

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2018
お花見名所の天気と桜開花情報2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び