OKADA-ROOM vol.8 写実と詩情終了

岡田三郎助《裸婦》1935年、佐賀県立美術館蔵

岡田三郎助は、昭和14年に亡くなるまで、一貫して写実に基づく画家だった。しかしそれ以上に、彼の作品は、常に詩情に満ちた、夢をうつすものであり続けた。今展では、岡田の「裸婦」(昭和10)、「清楚(少女)」(明治40)等、岡田の詩情や夢を託された作品を紹介する。また、青木繁の絶筆「朝日」(明治43、小城高等学校同窓会黄城会蔵、寄託)等、同時代の画家による、詩情ゆたかな作品も併せて展示する。

ジャンル
展覧会
開催地
佐賀県立美術館
開催期間
2017年3月10日(金)~6月11日(日)
09:30~18:00
月曜日は休館(ただし3月20日、5月1日は開館。3月21日は休館。)
料金
無料 観覧料無料
連絡先
佐賀県立博物館・美術館 0952-24-3947
関連URL
http://saga-museum.jp/museum/(外部サイト)
住所
〒840-0041 佐賀県佐賀市城内1-15-23
アクセス(車)
長崎自動車道佐賀大和ICより約25分
アクセス(公共交通)
長崎本線佐賀駅徒歩約30分 佐賀駅バスセンターから市営バス下車1分
駐車場
あり(110台)無料、数に限りがあるので注意しよう
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺の施設(5000件)

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2018
お花見名所の天気と桜開花情報2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び