第66回企画展 開館20周年記念企画第3弾「花は見えても」終了

「花を支える枝」1975年

相田みつをにとって、花とは完成した作品のことだ。では、根とは何なのか?「自分の言葉・自分の書」を追求した作品には三つの根がある。一つ目は、詩人としての根。リズム感のある簡潔な言葉はどうして生まれたのか。二つ目は、書家としての根。個性的な文字の根はどこにあるのか。三つ目は、徹底して自分にこだわった人間としての根。詩人として書家として、そして人間としての相田みつをの普段は見えない根の部分を紹介。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント
開催地
相田みつを美術館
開催期間
2017年3月14日(火)~6月11日(日)
10:00~17:30
月曜休館 ※但し3月20日は休まず開館、最終入館17:00まで
料金
有料 入場料:一般・大学生800円、中・高校生500円、小学生200円(未就学児は無料)、70歳以上500円 ※5月5日こどもの日は小中高生の入館無料
連絡先
相田みつを美術館 03-6212-3200
関連URL
http://www.mitsuo.co.jp/(外部サイト)
住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1東京国際フォーラム地下1階
アクセス(車)
「霞ヶ関」出口から晴海通り、外堀通り、鍛冶橋通り
アクセス(公共交通)
JR有楽町駅「国際フォーラム口」より徒歩3分
最寄駅

有楽町駅から徒歩3分

二重橋前駅から徒歩6分

駐車場
あり(422台)東京国際フォーラム内駐車場 200円/30分
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(171件)

周辺の施設(5000件)

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2018
お花見名所の天気と桜開花情報2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び