春季特別展「和ガラスの美を求めて- 瓶泥舎コレクション -」終了

色替草花文三段重 江戸中期 瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

江戸時代、ガラスの食器や調度品は、日々の暮らしを洗練させ、特別な日を輝かせていた。今展では、松山市にある「瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館」の創立者、大藤範里氏のコレクションから、和ガラスの逸品を一堂に展観する。あわせて、MIHOコレクションから古代美術の名品66点をを選りすぐり、「古代オリエント美術の愉しみ-エジプトから中国まで-」を開催。二つの特別展をお楽しみに!

ジャンル
展覧会
開催地
MIHO MUSEUM
開催期間
2017年3月18日(土)~6月18日(日)
10:00~17:00
月曜日休館 ※3/20(月)は開館、3/21(火)、5/13(土)、5/14(日)休館
料金
有料 一般1,100円、高・大生800円、小・中生300円
連絡先
MIHO MUSEUM 0748-82-3411
関連URL
http://miho.jp(外部サイト)
住所
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
アクセス(車)
新名神「信楽」ICより15分
アクセス(公共交通)
JR琵琶湖線石山駅より「MIHO MUSEUM行き」バス50分
駐車場
あり(170台)
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺の施設(75件)

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び